ファミペイアプリにポイントカード機能が搭載開始!楽天ポイント・dポイント・Tポイントの3つの登録とため方について徹底解説!

2019年11月26日、ファミペイアプリにポイントカード機能が搭載され、これまでのファミペイボーナスだけではなく、dポイント・楽天ポイント・Tポイントの3種類のポイントカード機能を付与することができるようになりました。

そこでこの記事ではファミペイアプリへのポイントカードの登録方法から使い方まで徹底的に解説していきます。

ファミペイアプリに登録可能なポイントカード

ファミペイアプリに登録可能なポイントカードはこの3つです。

  1. 楽天ポイント
  2. dポイント
  3. Tポイント

ファミマではこれまでのTポイントだけではなく、dポイントと楽天ポイントを貯めることができるようになりました。

そのためファミペイアプリでも同様に、dポイント・楽天ポイント・Tポイントの3つのポイントカードが登録でき、貯めることができます。

ファミペイを利用してファミリーマートで買い物をすると、200円(税込)につき1ポイントが貯まります!0.5%還元ですね。これは普通にポイントカードを提示するのと同じ還元率になるので、単純にポイントカードを提示する手間が省けるというメリットが生まれたという感じですね。

さらにたまったポイントは1ポイント1円で利用できます。

ファミペイでの決済スピードはこれによりポイントカードを提示して、読み取ってもらう手間が省けた分、格段に早くなりましたし、いよいよ財布が不要になってきましたね。

ではファミペイアプリにポイントカードを登録していく手順を紹介しましょう!

ファミペイアプリに登録するにはアカウントが必要

とその前に、dポイント・楽天ポイント・Tポイントをファミペイアプリに登録するためには、各社のアカウントやポイントカードの利用者登録が必要ですから各社の登録方法を見ていきましょう。

dポイント

dポイントであれば、dアカウントにdポイントカードを紐付けて行く必要があるため、登録する前にdアカウントとdポイントカードの紐付けが必要です。

dアカウントはドコモのユーザーでなくても作れますから安心してくださいね。

dアカウント 公式サイト

ちなみにdポイントカード機能が付いていてdポイントががっつり貯まる年会費永年無料の dカード もおすすめですよ。しかも入会で8,000ポイントもらえます!
https://creditcard-mile-point.net/2019/10/19/dcard/

私もソフトバンクユーザーながらdカードの愛用者です!

楽天ポイント

楽天ポイントは楽天IDへのログインが必要です。

楽天IDについては、楽天市場などのサービスを使っている人なら誰でも持っていますし、持ってない方はこれを気に登録しておくといいでしょう。

楽天ポイントカードを持っている人はポイントカードが楽天アカウントに紐付いている確認しておくといいですよ。

楽天カードを持っていればカード発行時にアカウントにポイントカードが付与されているはずなのでそのままログインすれば大丈夫です。

楽天アカウント 公式サイト

楽天ユーザーになるのであれば、楽天ポイントががっつり貯まる 楽天カード は必須です!

だれもが1度は耳にしたことがあるクレジットカードといえば、楽天カードだと思います!一度はCMをみたことがありますよね?「楽天カードマン!」っ...

年会費無料で高還元カードなので、還元ポイントを生活費に充てれば、節約することも可能ですよ!

Tポイント

TポイントはT会員アカウントとヤフーIDがないと登録できませんので、ヤフーIDを持っていない方は登録から始めましょう。

ヤフーIDはソフトバンクやワイモバイルユーザーの方や、PayPayやヤフーショッピングを利用している方であれば、持っていると思います。また持っていなかったとしても登録は無料で簡単に作成できるので、安心してくださいね。

T会員アカウントは登録してない方も多いかもしれません。

T会員アカウント 公式サイト

ヤフーID 公式サイト

Tポイントを貯めるならファミペイのチャージでも使えるファミマTカードや、PayPayにチャージができるヤフーカードもおすすめですよ!

私もヤフーカードを使ってガンガンTポイントを貯めています!

私のTポイント

各社のポイントの登録方法は、ファミペイアプリで見れますから、安心してくださいね。

ファミペイ 公式サイト

ファミペイアプリへの登録方法

いよいよ登録です。

まずはアプリをアップデートしてください。

アップデートはapp storeもしくはGoogle Playストアからできます。

アップデートするとバーコードが表示される画面でポイントカードのロゴが表示されているので、このロゴのボタンから登録していきます。

流れは公式サイトでも紹介されていますが、以下のとおりです。

  1. ファミペイのホーム画面を表示
  2. ポイントのロゴをタップ
  3. 登録したいポイントを選択
  4. 各社の手続きフローへ
  5. ポイントカード画面でポイント数が表示される
  6. 完了

1つ1つ登録する必要がありますので、最大3回繰り返しましょう。私はすべてのポイントを貯めているので3つ登録しておきました。

それでは、やり方を詳しく紹介していきますね。

まずは、ファミペイのホームを表示してロゴをタップしましょう。

次に、登録したいポイントを選択してタップしましょう。

するとポイント各社のアカウントへのログインや、利用規約への同意があり、登録経進みます。

各社の登録方法はこんな感じでした。

  • dポイント:ログイン→サービス連携の同意→完了
  • 楽天ポイント:ログイン→利用規約の同意→完了
  • Tポイント:同意事項の同意→ログイン→完了

ポイントカードの利用者登録が完了してない場合は、ログインや同意のあとでポイントカード番号を入れて登録する必要があるので、念の為手元にポイントカードを持っておくといいと思います!私はTポイントのみ利用者登録がされてなかったので、その場でポイントカード番号と、生年月日を入力して登録しました。

それぞれの会社のページが完了したらファミペイトップに戻ってきて、マークがついたら完了です。

各社サイトでの具体的な登録方法はファミペイ公式サイトに載っているのでチェックしてみてください。

  1. dポイントの連携手順
  2. 楽天ポイントの連携手順
  3. Tポイントの連携手順

ファミペイアプリのポイントのため方

ファミペイアプリのポイントカード機能の使い方は非常に簡単です。

決済の前にためたいポイントを選択してからバーコードを読み取ってもらえば、決済とポイント付与が完了します。

3つのサービスが登録できるのですが、決済時に貯められるのは1つだけなので、上記画像のように登録してあるポイントカードを選択してから決済するようにしましょう。

登録しているポイントカードが1つであれば、選択する必要はありませんから、安心してくださいね。

注意点

ファミペイ・ポイントカードを使うときの注意点についても紹介しておきます。

注意点は以下になります。

  1. 一部店舗ではファミペイ、ポイントカードが使えない
  2. 収納代行にはショッピングポイントはつかない
  3. 会計後にはポイント付与できない

ざっとこんな感じです。

まず一部店舗ではファミペイアプリ支払いやポイントカード機能が対応してないところもあるようなので、使えない場合があることが1つ目の注意点です。基本はないと思いますが、万が一使えないと言われたら別の決済方法を取るようにしましょう。

次に収納代行にはショッピングポイントが付きませんので、注意してください。

最後に会計時にポイントを選択してなく、提示できていなければ、会計終了後にポイントを付与することができませんので、必ずためたいポイントが選択されているか確認してから使うようにしましょう。

ファミペイを利用すればポイントが貯まる!

ファミペイでのポイントカード機能が搭載された件について紹介していきました。

今回からファミペイにポイントカードを登録しておくと、ファミペイボーナスとは別に200円で1ポイントのポイント還元が受けられます。

ポイントカードの提示する手間もなく、便利で革新的な機能になったので、ぜひ皆さんも始めてみてくださいね。