Coke ON Payの使い方を徹底解説!最大約25%還元のコカコーラの自販機でボタンを触らずに飲み物が買える最新サービスとは?

Coke ON Payという新しいペイサービスを知っていますか?このペイサービスはコカ・コーラの自販機でボタンを触らずにスマホ操作だけで飲み物が買えるというサービスになっています。

新しい時代を感じますね。

そんなボタンに触らずに飲み物が買えるCoke ON Payは、最大25%ほどの還元が受けられるサービスですから、かなりおすすめですよ!

この記事ではCoke ON Payの使い方を徹底的に解説していきます!

Coke ON Payとは?

まず、Coke ON Payとはというところから紹介しましょう。

Coke ON Payは、コカ・コーラの自販機で使えるスマホ決済サービスです。

大きな特徴としては、スマホ対応のコカ・コーラ自販機であれば、自販機本体に触れることなく、スマホの画面を触るだけで購入することができることです。

潔癖症の方には相当嬉しいサービスですね。

ただ、スマホ決済サービスといっても、バーコードやQRコードを読み取ってもらう決済方法ではなく、コカ・コーラの自販機とCoke ONアプリを接続してアプリ内で商品を選択して支払いをするという仕組みとなっていますよ。

通常のスマホ決済:バーコードやQRコードを読み取ってもらう
Coke ON Pay:自販機と接続してスマホ内で商品を選んでボタンをタップする

スマホ決済をするときにレジで手間取ってしまうと後ろの人に迷惑がかかる・・・という不安を持っている方も安心ですよ。

Coke ON Payは、自販機でのスマホ決済になるので、支払い時に相手がいません。なのですべて自分ひとりの作業となります。セルフレジみたいなイメージですから、ちょっと抵抗がある方も支払いに何分かけても大丈夫なので、自販機の前でゆっくりやってみてくださいね。

そんな、Coke ON Payでは、他のスマホ決済と連携することができ、他のスマホ決済アプリの還元との多重取りもできちゃいます。(PayPay、LINE Payの2社の連携が可能です。)

多重取りは、PayPayを例に挙げると、こんなイメージです。

例)Coke ON Pay(PayPay支払い)で100円の缶コーヒーを購入

PayPayチャージ(ヤフーカード):1%還元
PayPay利用:1.5%還元
Coke ON Payでドリンクチケット:1枚もしくは2枚

PayPayの残高チャージ&PayPay利用でもらえる2.5%還元はもちろん、Coke ONアプリ内で貯まったらドリンクと交換できるドリンクチケットが1枚か2枚(キャンペーンや利用状況によって変動)もらえます!

Coke ON Payチケット

ドリンクチケットは、スタンプ15個貯まったら自販機にあるドリンク1本と交換できるチケットが1枚もらえるのですが、定期的にCoke ON Payを利用していれば1回の支払いで2枚もらえるので、最短で8回購入したら1枚(1本)もらえる計算となります。

100円のドリンクを8本(800円)買ってチケットが1枚もらえる
180円のエナジードリンク1本と交換

⇒この場合は、22.5%還元がもらえるイメージですよ!PayPayの2.5%還元と合わせると、なんと驚異の24%還元です!

ちょっと言いすぎ?かもしれませんが、私は実際に使っている感覚では、スタンプはガンガンたまっていって、すぐにドリンクチケットがゲットできる印象ですね。

Coke ON Payは、PayPayやLINE Payなどのスマホ決済サービスやクレジットカードをCoke ONアプリに事前に登録しておけば、決済ができますから、設定をしてから自販機に向かいましょう!

PayPayや電子マネー⇒Coke ON Pay⇒コカ・コーラの自販機で決済

もちろん、スマホ決済だけでなく、クレジットカードも登録ができますから、PayPayやLINE Payをやってない人は、クレジットカードを登録しておくといいですよ。クレジットカードを登録したら、自販機でCoke ON Payで商品を買ったら、その商品の購入金額がクレジットカード支払いになります。

Coke ON Payに設定できる決済手段

  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • PayPay

登録できるクレジットカードは、銀聯以外のクレジットカードブランドであれば対応していますが、登録できるのは1枚までとなっていますので、還元率が高い1枚を登録しましょうね。

ざっくりサービスの全体像が分かったところで、ここからは利用設定をしていきましょう!

Coke ON Payを使うための準備

Coke ON Payを利用するためには、Coke ONアプリと利用設定が必要ですので、Coke ONアプリをインストールして、決済方法を登録しましょう!

アプリをインストールしてアプリが使えるようになったら、左上にある「三」のマークをタップして、「Coke ON Pay-お支払い設定」へ進みましょう!

Coke ON Pay-お支払い設定の中にある「決済サービスを追加する」をタップして、出てきた決済方法の中から好きな方法を選択して登録を進めれば、準備完了です!

具体的な流れについて以下サイトで詳しく紹介されていたので、気になる方はこのサイトも見ていってください。

https://usedoor.jp/howto/web/apps/coke-on-pay-linepay-tsuika-touroku/

Coke ON Payの使い方

Coke ON Payの支払い設定ができたら、いよいよ使っていきましょう!

まずは対応している自販機を探します。すべてのコカ・コーラの自販機に対応しているわけではないので注意が必要です。

Coke ONアプリ内から対応している自販機がどこにあるかは見ることができるので、アプリを起動して左上のメニューの中にある自販機を探すから探してみましょう。

自販機の探し方

こんな感じでマップが出てきて、「Pay」となっているところが対応している自販機です。

ちなみに近くに自販機が出てくると通知ももらえますよ。

Coke ON Pay対応の自販機

Coke ON Payの自販機の前に来たら自販機とスマホを繋げます。アプリを開いていると以下のようにつなげるような案内が出るので案内に沿って進めます。

右上に表示されているマークをタップするとつなげるページへ飛びます。

接続前(左)と接続後(右)

スマホを自販機に近づけて「接続する」をタップします。

もし表示されない場合は、Wi-FiがOFFになっている可能性があるのでチェックしてみてくださいね。

正常に接続された場合には、接続完了となります。

接続されたら欲しい商品をスマホ上で選択してタップします。

リアルの自動販売機のボタンを押すのではなく、スマホ上で商品を選択してタップし、スライドすれば自動販売機が作動して商品が落ちてきます。

潔癖症の方にやさしいし、テクノロジーの進化を感じますね。

電子マネーも登録可能!

実はCoke ON Payには、スマホ決済やクレジットカードだけではなく「電子マネー」も登録ができます。

ちなみに、電子マネー決済はCoke ON ICというみたいですが、ややこしいのでCoke ON Payは電子マネー支払いもできると覚えたほうがわかりやすいでしょう。

実際違いは、決済方法やキャンペーンの参加有無ぐらいですからね。

登録できる電子マネーは以下のようになります。

Coke ON ICに対応している電子マネー

  • KITAKA
  • PASMO
  • toica
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • WAON
  • PiTaPa

主には交通系ICカードとなりますが、Suicaは登録ができません。また楽天Edyや、nanaco、WAONなども登録が可能です。

登録しておくと、Coke ON Payと違って、自販機とスマホを接続しなくても、コカ・コーラの自販機にかざすだけで、商品が購入できます。

ただアプリに電子マネーを入れただけって感じです。もちろんアプリに入れた電子マネーで製品を購入したらスタンプがたまりますので、安心してください。

Coke ON ICの登録方法

登録方法は単純です。

Coke ONアプリの左上の「三」のマークから「Coke ON iC 電子マネー設定」をタップし、電子マネーの番号を入力していくだけで登録が完了します。

電子マネーの登録場所

ぜひ登録してみてください。

Coke ON Payは自販機利用では最高還元が実現!

Coke ON Payは、ポイントの二重取りをしたスマホ決済を連携させることができるだけではなく、Coke ON Payで決済したときにもらえるスタンプを考えると還元率は最大24%になるという素晴らしいサービスでした。

Coke ON Payのデメリットは、コカ・コーラの一部の自販機に使用用途が限られるという点でしょうが、今後自販機が増えてこれば利用する価値はさらに高まります!

また、自販機を触らないということをアピールしてきましたが、実際には最後の最後で製品を取り出すときに触ることになりますので、完全に自販機に触れずに購入できるようになるのはまだ先になりそうです。。。

とはいえ、自販機を利用するなら還元が一番高い支払い方法となるので、ぜひ皆さんも利用してみてくださいね。