リクルートカードへ新規入会で6,000ポイントとJCBの20%還元の二重取りができる最高にお得な話

リクルートカードは常時ポイント還元が1.2%という高還元のクレジットカードとして有名ですが、正直個人的にはパッとしないカードでした。

しかし今回のJCBカードの20%還元キャンペーンによって、最高にお得なカードになったことは間違いないでしょう。

1.2%という高い還元率に加え、JCBブランドなら20%還元キャンペーンで20%分が現金キャッシュバックときました。さらに新規入会者に向けて最大6,000ポイント還元キャンペーンも実施中なんですね。

このお得の多重取りの詳細についてご紹介していきたいと思います。

リクルートカードJCBはJCBが発行している

ここが今回のミソになります。

リクルートカードはVISAとMatercard、そしてJCBの3つのブランドを発行しているのですが、JCBのみ発行会社が違うんですよ。

VISA・Matercard:三菱UFJニコス
JCB:JCB

そうなんです。JCBブランドはJCBが発行するクレジットカードなんです。

ということで、JCBの20%キャンペーンの対象カードになっているわけなんですね。

なので、リクルートカードを持っている人は、キャンペーンに応募して、ApplePayもしくはGooglePayにリクルートカードJCBを登録、あとはQUICPayで利用すれば20%分が戻ってきます。

JCBグループが発行するクレジットカードを対象にした20%還元キャンペーンが開始しました!このキャンペーンは、キャッシュレスの普及のために、...

もし持ってない方はこれから発行していきましょう!

リクルートカード

>公式サイト

リクルートカードJCBの新規入会者にはポイントプレゼント!

さらに、リクルートカードではこんな入会キャンペーンが実施されています。

新規入会者限定で最大6,000ポイントプレゼントキャンペーン!

新規入会で1,000ポイント
初回ご利用で1,000ポイント
携帯料金の支払いで4,000ポイント

貰えるポイントはリクルート期間限定ポイントという期間と用途が限定されたポイントですが、リクルートポイントはリクルートのサービスで使えますので、ホットペッパーや、じゃらんなどで使っていくといいですね。

ただし、普段できるPontaポイントへの相互交換に関しては期間限定ポイントはできませんので注意が必要です。

それぞれのポイントのもらい方からもらえるまでの流れをご紹介します。

新規入会で1,000ポイント

リクルートカードへの新規入会をすると、カード発行完了後にマイページへログインしたらすぐに受け取りが可能になっています。

マイページで特典受け取りボタンが表示されているので、これをクリックすればすぐに1,000ポイントもらえます!簡単ですね。全員もれるので必ずもらいましょう!

リクルートカードが発行される前はログインができませんので注意しましょう。

ポイント有効期限は、ポイント受取日の翌月末までとなりますので、使い漏れの無いようにしましょうね。

初回ご利用で1,000ポイント

入会ポイントをもらったら、カード発行日の翌月から60日以内にリクルートカードを利用すれば、さらに1,000ポイントもらえます。

ここでもらえるポイントは利用後すぐにもらえるわけではなく、初回カード利用分支払い月がある11日頃にもらえます。

リクルートカードは、毎月15日締め、翌月10日支払いとなっているので、初回カード利用が15日以前であれば翌月11日頃にはもらえますが、15日以降であれば翌々月の11日頃になりますので忘れないように覚えておきましょう。

ちなみにこの利用、ApplePayの利用でも対象となるので、20%還元の対象となるApplePayでの初回利用をおすすめします!これで二重還元となりますよ!

携帯料金の支払いで4,000ポイント

ここまでで2,000ポイントをゲットしてきましたが、これが結構大きなポイントになりますのでしっかり対応していきましょう!

リクルートカードを発行した翌日から60日以内に携帯料金の自動振替のお支払いにリクルートカードを設定したら、さらに4,000ポイントがもらえます!

ただし、3キャリアとY!mobileのみとなるので、格安SIMを利用している方は残念ながら対象外です。

こちらも先ほどの利用でもらえる1,000ポイントと同じように初回支払いがある月の11日頃にポイントがもらえます。

携帯料金の支払い設定をしておけば毎月リクルートカードで支払いを行ってくれるだけではなく、1.2%の還元率でポイントがもらえるので、設定すればポイントがもらえるだけでなく、これまでもらえてなかったほどの還元率でポイントがたまっていきますので、一石二鳥ですよ!

JCBブランド限定!さらに1,000ポイント!

さらにさらに、JCBブランドのリクルートカードに申し込み者限定で、最大1,000ポイントがもらえるキャンペーンも実施中です!

条件は2つあり、1つクリアでそれぞれ500ポイントがもらえます。

特典1:家族カード同時入会で500ポイント
特典2:キャッシング枠の設定&ショッピングの利用で500ポイント

2つとも設定自体は、申し込みの際に、「家族カードのお申し込み」と「キャッシングサービス(融資)ご利用希望枠」で設定ができます。

キャッシング枠は、0円以上に設定をすればOKですが、カードを発行した後に、ショッピングで合計6万円(税込)以上利用しないと500ポイントはもらえませんので、必ずショッピングで6万円以上使いましょう!家族会員と本会員の合計で6万円(税込)でもOKです。

この利用自体は20%還元も対象になるので、カード入会後は60日以内に6万円以上のショッピング利用をすれば、20%+1,000ポイント+500ポイントがもらえると考えればOKです。

※キャッシング枠は設定だけで利用しなくてもOKです。利用はあくまでショッピングで使えば大丈夫ですよ。

リクルートカード

>公式サイト

リクルートカードのスペックは?

リクルートカードは年会費が永年無料なのに、ポイント高還元のクレジットカードとなっています。楽天カードやオリコカードザポイントなどのようにポイント高還元をうたっているカードよりも実はポイント還元率が高いんですね。

また冒頭で紹介した通り、JCBとその他のブランドでは発行会社が違うのでスペックが若干異なるのも面白いですよ。

券種名 リクルートカード
年会費 永年無料
国際ブランド VISA,Mastercard,JCB
ポイント還元 利用金額の1.2%還元
電子マネー QUICPay
追加カード ETCカード,家族カード
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い
海外旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高1,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 年間200万円
会員特典 キャッシュレス決済で20%還元!
入会特典 新規入会で最大6,000ポイントプレゼント!

JCBブランドが発行するリクルートカードは、電子マネーチャージのポイント対象となるのが、nanacoとモバイルSuicaとなっているのに対し、VISAとMatercardは、楽天EdyやスマートICOCAも対象となっています。

また、細かくいくと発行会社が違うので、保険会社も異なりますが、正直JCBとその他のカードでの違いは上記で紹介した電子マネーチャージの対象になる点ぐらいですね。

支払日や、ポイント加算日も同じなので安心してくださいね。

既に持っている人のブランド変更は?
お気づきの方もいると思いますが、既にVISAやMastercardを持っていてもJCBブランドの発行は可能です。なんせ発行会社が違いますからね。

VISA所有 ⇒ JCBが発行可能!
Matercard所有 ⇒ JCBが発行可能!
JCB所有 ⇒ VISAかMastercardが発行可能!
VISAとMatercardは発行会社が同じなのでVISAとMatercardの組み合わせで2枚持ちはできません。

現在VISAかMastercardのリクルートカードを持っている方は、JCBカードを追加で作ることが可能です。もちろん審査はありますが、審査に通過すれば2枚持ちが実現できるわけなんです。

さらに2枚持っていてもリクルートIDは1つで、ポイント口座も一つにまとめられるので、管理も楽ですよ。

JCBブランドじゃないからとキャンペーンを諦めている方には、ぜひJCBブランドで2枚目の発行をしてもらいたいです。

ただしわかりきったことではありますが、新規入会キャンペーンは2枚目では適用されません。

リクルートカードは年会費が永年無料でポイント高還元かつ、20%還元と新規入会キャンペーンで大量のポイントがもらえるので、まだ持ってない方はぜひJCBブランドで申込みをしてみてはいかがでしょうか。