【初心者向け】キャッシュレス還元に向けての準備とやるべき「たった1つ」の事とは?

2019年10月からいよいよ消費税が8%から10%になりますね。そんな中、国が始める「キャッシュレス・消費者還元事業」。

この記事では、「キャッシュレス・消費者還元事業」についての内容を簡単にご紹介しつつ、とりあえず確実にやっておくといいことをご紹介していきたいと思います。

キャッシュレス・消費者還元事業とは?

キャッシュレス・消費者還元事業について、公式発表では以下のようになっています。

消費税増税に伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や、消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引き上げ後9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使たポイント還元を支援する事業です。

引用:公式サイト

これだけ見ると、普通に難しくて何言ってるのかよくわからないですよね。

簡単に私は以下のように解釈すればいいと思っています。

消費税増税で負担がかかるから、その分の負担を少し還元しますよ。ただ、キャッシュレスを進めたいからキャッシュレス支払いをしてね。

たったこれだけの話です。ちなみにこれ、逆に言うと、「キャッシュレス支払いをしないと、消費税が上がった分、そっくりそのまま損しますよ。」ということになりますよ。

以下表にまとめてみました。

還元期間 2019年10月~2020年6月(9ヶ月間)
適用条件 クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなど電子的に繰り返し利用できる決済手段での決済
※対象サービスは公式サイトにて
還元内容 各種ポイントなど
還元率 中小企業:5%
フランチャイズ:2%

期間は9ヶ月間。そしてクレカやデビット、電子マネーやQRコード決済などが対象になり、還元される内容はそれぞれの支払いで異なります。還元率は2%以上となっているので、消費税の増税分は最低でも還元されます。

例を挙げると、

現金ではもらえない還元をクレジットカードで決済したらクレジットカードの通常利用ポイントに加えて2%以上のポイントを上乗せして還元しますよ。

という内容になります。

フランチャイズのお店などは判断しずらいので最低2%は還元されると思っておくのがいいかなと思います。

還元の仕組みは以下の図が参考になります。

引用:公式PDF

キャッシュレスって怖いと思っている方へ

クレジットカードや電子マネーって落としたら大変だし、セキュリティ的に大丈夫なの?と思っている方もいると思います。

クレジットカードや電子マネーは、不正利用されたときにはちゃんと申告すればだいたいは補償してくれますし、落としたと気づいたら運営会社へ連絡して止めてもらえば大丈夫です。

また、クレジットカードや電子マネーを落としてもその人に個人情報が抜かれることはありませんので安心して利用しましょうね。

逆に現金を落としたらお金は基本的に返ってきませんが、クレジットカードや電子マネーを落としても戻ってくる可能性があると考えるとキャッシュレスはより安全といえるでしょう。

私たちが準備しておくこと。すべきことは?

私たち消費者が準備しておくこと、そして10月以降にやるべきことは、クレジットカードなどのキャッシュレス支払いができるように準備して、10月以降利用していくことです。

・クレカや電子マネーの利用準備
・10月以降はキャッシュレス決済をする

クレカや電子マネーの準備となっていますが、具体的にいうと初心者の方は、「クレジットカード」を持っておくことだけでいいかなと思っています。

電子マネーやスマホ決済は使えない店舗がまだまだありますが、クレジットカードであれば大抵の店舗では使えます。またクレジットカードに電子マネーの機能がついていることも多いので、1枚持っておけばある程度はカバーできます。

ただクレジットカードでも対象のカードは決まっているので、これから新規で利用を開始する方は注意してくださいね。公式サイトで確認できますので既にカードを持っている方はチェックしてみてもいいですね。まだカードを持ってない方は今日紹介するカードなら対象になっているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クレジットカードを作ったらあとは日々の支払いをクレジットカードや電子マネーに変更すれば2%以上の還元を逃さずに済みます!

おすすめのクレジットカード

今回ご紹介するクレジットカードは3枚です。

  1. 楽天カード
  2. 三井住友カード
  3. JCBカード

この3枚は本当におすすめなので、ぜひ入会を検討してみてください。

楽天カード

まずは言わずと知れた超有名カードの「楽天カード」です。

楽天カードをおすすめする理由としては、キャッシュレスの手段が豊富だということです。

先ほどクレジットカードに電子マネーの機能がついていることが多いと紹介しましたが、楽天カードにはクレジットカードとしての機能だけではなく、電子マネーの「楽天Edy機能」を付帯させることができますし、スマホ(ApplePayかGooglePay)に登録しておけば電子マネーの「QUICPay」の機能も付帯します。また楽天が運営するスマホ決済サービスである「楽天ペイ」もアプリをダウンロードするだけで利用することもできますよ。

このように4つのキャッシュレス決済の手段をカード1枚でとることができるので、1枚持っておけばほとんどの場所で対応できるわけなんです。

さらに楽天カードは入会時に入会特典としてポイントが大量にもらえるのも特徴です!

  • 新規入会特典 2,000ポイント
  • カード利用特典 3,000ポイント

▼新規入会キャンペーン中▼

>公式サイト

利用特典といってもカードを利用するだけで金額の指定もないので、だれもがもらえる特典ですよ。

三井住友カード

次に紹介したいカードは三井住友カードです。こちらも誰もが知っているほど有名な銀行系のクレジットカードですね。

三井住友カードをおすすめする理由としては、初めてでも安心できる点です。やはり銀行系のクレジットカードということや、かなり老舗のクレジットカード会社であることもあり、セキュリティ面もかなりしっかりしている印象です。

三井住友カードは、業界最高水準の不正使用検知システムを導入していて、24時間365日、カードのモニタリング(不正利用のチェック)を行っていることや、ネットショッピングでの本人認証サービスを導入していること、そして紛失や盗難時も24時間・年中無休で対応し、補償を行ってくれるなどの仕組みが徹底されています。(引用:公式サイト

もちろん、電子マネーの「iD」を利用できることもメリットの一つになっていますし、世界でも使える「VISAのタッチ決済」もVISAブランドであれば利用できるので、こちらもキャッシュレスが1枚で完結できます。

さらに今は、新規入会者に向けて利用金額の20%還元キャンペーンを実施しているので、今入会したらかなりお得です!

また、タダチャンという会員に向けたキャンペーンも展開中なので、20%どころか全額キャッシュバックされる可能性もあるんですよ!

三井住友カードで2019年9月2日からタダチャンというキャンペーンを開始しました! 条件に満たすと利用金額の20%が還元されたり、合計...

今大注目のカードの1枚です。



>公式サイト

JCBカード

最後に紹介するのはJCBカードです。JCBは世界の国際ブランドの中で唯一「国産」の国際ブランドとなっています。

JCBカードはそんな国産ブランドが自ら発行するクレジットカードなので、三井住友カードと同じように安心ですよ。JCBカードは地方銀行のクレジットカードの発行も行っているので、銀行が信頼するカードとも言えます。

またJCBカードの中でもJCBカードWは39歳以下限定のカードではあるものの、かなりおすすめできる1枚になっています!

このカードは、ポイント還元に特化しているのでセブンイレブンやスタバ、Amazon、昭和シェル石油などでかなり多くの還元が得られます。

詳細は以下ページをご覧ください。

https://creditcard-mile-point.net/2018/03/12/22657023/

もちろん、JCBカードでも電子マネーの「QUICPay」が使えるので1枚で2役が実現できます!

さらにJCBカードは、このQUICPayをスマホに入れて利用すると、12月15日までの期間で20%還元が受けられるというキャンペーンを実施していますので、今入会するとめちゃくちゃお得ですよ。

キャンペーンは以下記事をご覧ください。

JCBグループが発行するクレジットカードを対象にした20%還元キャンペーンが開始しました!このキャンペーンは、キャッシュレスの普及のために、...

とりあえずクレカを1枚用意しよう!

今日紹介したように、2019年10月~2020年6月に期間限定で開始される国の還元事業に参加するために、とりあえずクレカを発行しておきましょう!

クレカ1枚持っていれば現金では受けられない2%以上の還元を受けることができるので、確実にやらないと損ですよ!