楽天カードは楽天IDを間違えるとポイントカード機能が使えない?対処方法も!

楽天カードに申し込むには、楽天の会員IDが必要になるのですが、この楽天の会員IDを普段使っている楽天IDでない別のIDでログインして申し込みしたり、既にIDを持っているのに新しく作って申し込みをしたりすると、楽天カードの機能に一部障害が発生してしまうという話をしていきたいと思います。

楽天カードの申し込みに使う楽天IDは楽天市場のIDに!

楽天カードでは、申し込みのとき、まず楽天IDを持っているか確認されます。

楽天会員の方というのは楽天IDを持っている方となり、楽天カード会員の方ではないので注意しましょう。

楽天会員でない方を選択すると以下のような注意文を出してくれるので、必ずチェックしましょうね。

ここで楽天IDを持っている方は「はい、楽天IDを持っています」を選択すればセーフです。

楽天IDを持っている方は、ログインしてから申し込みページへ進み、持ってない方は、楽天カードの申し込みと同時に楽天IDの登録も行われます。

楽天IDは楽天市場や楽天トラベルなどの楽天のサービスを使ったことがある方は、ほぼ確実に持っていると思います。楽天市場を利用するときにたまるポイントも楽天IDに紐づいて貯められることになっているため、会員登録しないで使う方は少ないでしょう。

もしわからなければ、心当たりのあるメールアドレスを入れてみましょう。

別に楽天IDで楽天カード発行をしてしまった場合

楽天IDを持っているのに、別のIDを作ってしまった場合や、2つの楽天IDを持っていて、普段使っていないほうの楽天IDでログインしてカードを発行してしまった方は、こんなことが起こります。

  • 楽天e-NAVIのログインIDが別のIDになる
  • 楽天カードのポイント番号が別のIDに紐づく

楽天e-NAVIのログインIDが別のIDになる

まず、楽天カードの会員専用サイト「楽天e-NAVI」へのログインIDが、楽天カードの申し込み時に設定した楽天IDに紐づくので、普段使っているIDとは別になってしまいます。

楽天e-NAVIは会員全員利用するサイト

楽天IDを普段利用しているものを使ってないと、普段のIDでは、楽天e-NAVIへログインせず、カードの利用を行うことになるので、入会特典の2000ポイントをもらうこともできないうえに、いくらカードを使ったか確認することができなくなります。

もちろん紐づくIDが変わるだけなので、別のIDでログインしたら入会特典ももらえますし、確認できますが、別のIDで管理していても、ちゃんと理解しながら使える人でない限り、カード利用などを見落としたりすることも起こってきてしまいますので、必ず普段使っているIDで楽天カード申し込みをするようにしましょう。

楽天カードのポイント番号が別のIDに紐づく

楽天カードには、楽天IDに紐づいた楽天ポイントカード機能が付帯しています。これは楽天ポイントの加盟店で提示したり、カードを利用したりすることで楽天スーパーポイントを受け取ることができる機能となっています。

カードの裏面にこんな感じでバーコードがついています。

街のお店では、楽天カードを提示することで、裏に記載していあるバーコードを読み取り、楽天IDへポイントを付与する仕組みになっています。このバーコードは物理的にカードに付帯しているため、ネット上で自由に変えられるものではないので、途中で普段使っている楽天IDではないことに気づいても、変えることができないんですよ。

先ほど紹介したように楽天カードの申し込み時に使った楽天IDが楽天カードに紐づくので、ポイントも同様に申し込み時の楽天IDに紐づきます。

この場合は、楽天カードの利用や提示でせっかく貯めたポイントを見落とすことにつながってしまい、せっかく貰ったポイントを使うことなく失効させてしまうという残念な結果につながってしまう可能性がありますよ。

こちらも普段使っている楽天IDで楽天カードを作っておけば何の問題もありませんので、必ず申し込み時には普段使っている楽天IDを使いましょう!

別の楽天IDで申し込んでしまったときの対処法

楽天カードの申し込み時に普段使っている楽天IDではないIDを作ってしまったり使ってしまった方は、楽天カードを新しく作り直さないと全てのID変更はできません。

全ての変更ができないというように伝えましたので一部は変更できるということになります。変更できるのは、ネット上の楽天e-NAVIのIDや、楽天カードに紐づくポイント口座です。

変更する手順は以下の通りです。

楽天カードの楽天ID変更手順

  1. 楽天カードの裏に書いてある番号へ電話
  2. 自動音声で「0」を選択
  3. 楽天カードに紐づく楽天IDを変更したいと伝える
  4. 新しいポイント口座番号を伝える
  5. 約1週間後、楽天e-NAVIへ新しいIDでログイン
  6. 楽天カード情報を再登録
  7. 完了

楽天カードの裏面に記載のある電話番号へ電話し、オペレーターの方に「楽天カードに紐づく楽天IDを変更したい」と伝えれば手続きを進めてくれます。

楽天IDの変更に必要なのは、新しく変更する楽天のポイント口座番号のみです。

上記のようにポイント口座番号は楽天ポイントクラブに新しく使いたい楽天IDでログインすれば確認できますよ。(ポイント口座番号は16桁です)

移行には1週間ほどかかるので少し待ちましょう。移行ができたら新しい楽天IDで楽天e-NAVIへログインして、カード情報を再登録しましょう。

これで完了です。

ただし、旧IDに残っている楽天スーパーポイントは移行できないので、必ず旧IDで使い切りましょう。

また、楽天カードの券面に記載されている楽天ポイントカードも変更できないので、すべての楽天IDを切り替えたい場合には、カードを作り直す必要があるのです。

カードの作り直しをすれば、カードに紐づく楽天のポイントカード機能も変更できますし、楽天e-NAVIのログイン情報も変更することができますよ。

カードを作り直すときの手順

現在のカードを作り直すときは、持っているカードを解約して再度申し込みをする流れになります。カード解約からは3営業日申し込みができないので注意しましょうね。

  1. 楽天カードを準備
  2. 電話をして指示に従い手続きをする
  3. 3営業日後、楽天カードの申し込みをする

まず、楽天カードを準備してください。解約に際し、カード番号、氏名、生年月日、電話番号が必要です。

準備ができたら、楽天カードのコンタクトセンターに電話をしましょう。

電話番号は「0570-66-6910」です。(※1)

電話では、コールセンターの方と話す形ではなく(※2)、自動音声でプッシュボタンを操作する形で進めていきます。自動音声の指示に従ってください。

最初の選択は「5」を押すとはやいですよ。(5→カード番号→生年月日→4の順番で操作します)

解約が終わったら3営業日待って、ネットから再度、楽天カードの申し込みをしましょう。

※1:営業時間:9:30~17:30
※1:PHSなど一部ご利用いただけない場合「092-474-6287」
※2:AMEXを早期解約(1ヶ月以内)したらコールセンターでの対応になりましたので、場合によっては自動音声だけでは難しいこともあるようです

カード変更(切り替え)における注意

カードブランドの変更はご紹介したように、一度退会してから再入会する形となります。注意してもらいたいことは、「カード番号や有効期限」が変わるということです。公共料金や携帯代などクレジットカード支払いに設定しているものがあれば変更の手続きを行う必要があります。

旧カードの楽天Edyの残高は引き継がれませんので(補償もなし)必ず使い切ってから旧カードの処分をしましょう。

また、家族カード・ETCカードにおいても一度退会することで作り直しが必要になります。

当たり前ですが、再申し込みの際には、新規入会キャンペーンは適用されません。

カード変更(切り替え)における不安について

私は楽天カードの切り替えを3回行ってきましたが、限度額の変更はなく、カードの切り替えができています

カード切り替えでカードが発行できなかったらどうしよう…カードの限度額が今以上に少なくなってしまったらどうしよう…という心配をされている方、私の経験上、大丈夫かと思いますよ。
もちろん、カード発行以降に金融事故(支払いの滞納など)を起こしている人は危険です。

▼新規入会キャンペーン中▼

必ず使っている楽天IDで申し込もう!

今日紹介したように楽天カードに申し込みをするときに普段使っている楽天IDとは別のIDを使ってしまうと、変更に手間がかかったり、カードの再発行をしないといけなくなりますので、楽天カードを申し込む際には自分の楽天IDを確認していつも使っているIDでログインして申し込みしましょうね。