東京オリンピックの観戦チケットの追加抽選情報が発表!抽選申込方法を解説します!

東京オリンピックの観戦チケットの第一次抽選が先日行われましたが、多くの方が落選しているかと思います。私もその一人。全部落選しました。

そんな落選組にも希望を与えてくれるように、追加抽選販売情報が解禁されました!

※今度の追加抽選は、前回の一次抽選の際に参加している方、そして1枚も当選してない人が対象になるので、1枚でも当選したことがある方や一次抽選に参加してない方は参加できません※

東京オリンピック観戦チケットの追加抽選情報

今回の追加抽選に関しては、1枚も当選してない人のみが対象となります。詳細は以下の通りです。

抽選申込期間 2019年8月8日(木)~8月19日(月)11:59
抽選結果発表 2019年9月11日(水)
購入手続期間 2019年9月11日(水)~9月24日(火)23:59
対象者 第一次抽選販売で1枚も当選してない方(約416万人)
対象競技 20競技(競技一覧(PDF)
当選枚数 約68万枚
申込上限数 1セッションのみ
申込上限枚数 1セッション当たり4~6枚
第二希望 選択可能
カスケード 選択可能
チケットタイプ モバイル ホームプリント 紙
購入方法 Visaでクレカ払いもしくはコンビニにて現金払い
詳細 東京オリンピック公式サイト

抽選の流れは以下のようになっています。

8月8日から19日のお盆を挟む12日間のうちに抽選の申し込みを行い、9月11日に当落発表があり、当選した場合、24日までに購入手続きを行う流れです。

流れに関しては一次抽選の時と変わりないので、一次抽選の時の記事をご覧ください。

東京オリンピックのチケットの抽選申し込みがついに2019年5月9日10時からスタートしました!抽選に参加しようと数多くの方がページに殺到した...

注意したい点

注意したい点を紹介します。

  • 自動落選となる人がいる
  • 落選者約416万人の中から抽選となる
  • サイト内の混雑が予想される

それぞれ詳しく紹介します。

自動落選となる人がいる

今回の第一次抽選の追加抽選に関しては、一部の方は応募しても自動的に落選となってしまうので、注意が必要です。

自動落選となる方

  • 第一次抽選に参加してない人
  • 1枚でも当選している人
  • 2セッション以上申し込みをした方

この3パターンの方は、自動的に落選となってしまうので、注意しましょう!

※セッションとは「サッカーの準決勝第一試合」のようにチケットの数え方です。

落選者約416万人の中から抽選となる

今回の追加抽選に関しては、前回と同様に先着順ではなく、抽選となります。期間中に応募すれば、対象者ならだれでも当選の権利があるということですね。焦らず応募しましょう。

ただ、公式発表では第一次抽選の落選者は416万人といわれています。416万人の落選者によって、68万枚のチケットを争うことになるので、相当倍率は高いです。

申込可能人数:416万人
当選枚数:68万枚
当選倍率:6倍

ただ、これは仮に一人1枚申し込みを行った際の倍率ですので、2枚ずつであれば12倍に、4枚ずつであれば24倍の倍率になります。。

競技やセッションによっては倍率に差があるので、人気のなさそうな競技やセッションを狙うといいでしょう!

サイト内の混雑が予想される

めちゃくちゃ混み合うことが予想されるので、時間に余裕を持って申し込みをしましょうね。

第一次抽選の際には、以下のようなウェイティングタイムがありました。

あとは抽選開始と抽選終了間際、そしてお盆期間中は混み合うことが予想できますので、日にち選びも考えていくといいでしょう。16日とかはすくのではないかと考えています。

抽選の参加方法

それではいよいよ抽選の参加方法について紹介していきますね。

抽選の参加の流れは以下のようになっています。

追加抽選の参加の流れ

  1. 競技・チケット種類・枚数を選択
  2. 申込内容の確認・申し込み手続き完了
  3. 抽選結果発表
  4. 購入手続き

順を追ってご紹介しますね。

競技・チケット種類・枚数を選択

まずは自分が抽選に参加したい競技を選択しましょう。ただ、競技によって日程や会場が異なるので、注意して申し込みをしましょうね。

この時、第二希望はもちろん、当選機会が広がるように設定されたカスケードサービスというサービスの利用ができます。※両方とも設定して申し込みをすることがおすすめです!

第二希望を設定しておけば、仮に第一希望の競技が落選しても、第二希望が当選する可能性がありますし、カスケードを利用すれば希望席種が落選となっても別の席種で当選する可能性がありますよ!

ただ、第二希望に関しては、別のセッションでないと申し込みができませんので注意しましょう。

カスケードサービスは、希望した席種の抽選結果が落選しても、一つ下の席種が空いていれば下の席種であっても抽選対象にすることができるサービスです。仮にB席の抽選に参加していてもC席が空いていればC席が当たる可能性もあるというわけです。

3.申込内容の確認・手続き完了

最後に選択した内容を確認して、規約を読み申し込みを確定させると手続き完了です。抽選結果の発表がある9月11日を楽しみに待ちましょう!

当選結果は登録しているメールアドレスに案内がきますが、公式チケット販売サイト内の枚チケットというページで確認するようにアナウンスされていますので、9月11日になったら公式チケット販売サイトへ行って確認するようにしましょう!チケットはこれで申し込み完了です。

ちなみに、この申込の時点では支払い方法の設定は必要ありません。当選が決まった段階で支払い方法の選択をするので、それまでにどう支払うか考えておきましょう。このあと紹介する手続きの内容で紹介していますのでご覧ください。

4.購入手続き

当選した場合は、2019年9月24日(火)までに購入手続きを行ってください。

購入手続期間:2019年9月11日(水)~9月24日(火)予定

購入手続きの期間内に購入できなかった場合は、権利が無効になってしまいキャンセル扱いになりますので必ず購入しましょう!

ちなみに、申込の追加や変更、キャンセルは、9月11日の抽選受付終了までであれば対応可能です。それ以降は変更などができませんので、注意してください。

ただ、購入期間内に手続きができなかった場合には、無効になるので最悪キャンセルしたくなった場合には、支払いをしなければOKです。ただ、複数当選した場合は、すべて支払うか、すべて支払わないかのどちらかになるので、1つキャンセルする場合に支払いをしない場合は、すべてキャンセルになります。(もったいないですが・・・)

決済方法

決済方法は、VISAのクレジットカードか、現金の2種類から選べます。

  • Visa決済:手数料無料
  • 現金決済(コンビニ):432円(税込)/件

Visa決済の場合は、VisaブランドのクレジットカードであればなんでもOKです。クレジットカードの上限金額までであれば決済ができるので、高額のチケットの購入を予定している場合は、予め自分の上限金額をチェックしておくといいですよ。

また現金でも支払いが可能です。ただ、現金の場合はコンビニでの支払いになるので、やや手間がかかる上に、手数料がかかるのでもったいないですよ。また現金の場合は、税込30万円未満の決済が上限となっています。

おすすめはクレカ支払い

VISAのクレジットカードを用意してクレジットカードで購入する方がおすすめです。

おすすめしたいVISAブランドのクレジットカードは「楽天カード(VISA)」です。楽天カードなら年会費は一切かかりませんし、お得な特典がたくさんついています。

もちろん私も愛用していて、楽天市場を中心にガンガンポイントを貯めています!溜まったポイントの使いみちも豊富なのですごくいいですよ。

また楽天カードのVISAブランドなら、同じ楽天カードのブランド違いのカードを持つことができるのもメリットです。JCBブランドもほしいなと思ったときには、VISAとJCBの2つの楽天カードが持つことができるんです。

楽天カードはVISAブランドに限り2枚持ちができるんです。2枚目の申し込み方法と、2枚持つメリットについてご紹介していきます。 2...

VISAカードで持っていて損は無いカードとして楽天カードをおすすめします。

楽天カードのスペックについては当サイトの別記事でガッツリ紹介していますので、気になる方は是非こちらの記事も見ていってください。

だれもが1度は耳にしたことがあるクレジットカードといえば、楽天カードだと思います!一度はCMをみたことがありますよね?「楽天カードマン!」っ...

ちなみに、東京オリンピックのオフィシャルカードもありますよ!

東京オリンピックのオフィシャルカードが登場することがわかりました。発表された情報を元に、カードスペックから申し込み方法、メリットなどについて...

来場予定者の登録が必須

また購入手続き時に、来場予定者の登録が必須になります。これは本人確認のためであるのはもちろん、転売を防ぐためのものでもあります。来場・観戦を予定している全員の氏名と連絡先の登録・確認が必要なります。

来場予定者の変更は後からでもマイチケットから可能なので安心してください。来場予定者に登録している人しか入れないので注意してください。

チケットタイプと配送先の登録も必須

さらにチケットタイプと配送先の登録も必要です。チケットは3種類から選べますが、郵送では、配送手数料がかかるので、それ以外の方法がおすすめです。

  1. 紙チケット
  2. プリント@ホーム
  3. モバイルチケット

この3種類の中でおすすめなのは、モバイルチケットです。ケータイがあればOKとなるので一番簡易的で持ち運びも便利です。

ただ、どうしても紙のチケットを記念にしたくなりますよね。そういう方は、手数料を払ってでも紙のチケットを選ぶといいですよ。

正直どっちでもいいという人は、モバイルチケットを選びましょう!

チケットは2020年5月に発行を予定しているようなので、引っ越す可能性がある方も、紙のチケットは避けたほうがよさそうです。

チケットの種類や座席の種類

ちなみに、チケットの種類や座席の種類は以下のようになっています。

  1. 一般チケット
  2. 車いすユーザーチケット/同伴者チケット
  3. 東京2020みんなで応援チケット

販売されるのはこの3種類です。

一般チケット

基本的に多くの皆さんが購入するのはこの一般チケットです。一般チケットは大人・子ども一律同額です。1席いくらといった感じです。

※チケット価格はそれぞれ競技や席種によって異なります。

車いすユーザーチケット/同伴者チケット

車いすを使用される方やその同伴者の方のチケットです。車いすの方と同伴者の方はこちらを購入してください。

※こちらも一般チケット同様、チケット価格はそれぞれ競技や席種によって異なります。

せっかく母国でオリンピックが開催されるのなら、一生の思い出にもなるし、観に行きたい! わかります。 でも、東京オリンピックのチケ...

落選組への希望の抽選会!

今回の追加抽選は、前回の第一次抽選の際に落選してしまった方の中から抽選となるので、いわば落選組の抽選会となります。

第一次抽選に落選してしまった方は、今回の追加抽選に必ず参加しましょう!

チケット抽選は公式サイトで