ANAの東急ルートを実践!東急ポイントからANAマイルへの移行を1から解説します!

先日ドットマネーから東急ポイント(TOKYU POINT)へ交換可能になったことで日の目を浴びたマイル交換の新ルートである「東急ルート」を実際に利用してみましたので、ポイント移行完了までの道筋と注意点などを1から解説していきたいと思います!

東急ルートを利用する準備

まず東急ルートでは「ANA東急カード」と、東急ベルの会員登録とマイレージクラブの登録が必要になります。

必要なもの

  • ANA東急カード
  • 東急ベルの会員登録
  • マイレージクラブの登録

詳しい登録方法は以下ページを参考にしてみてください。

先日ドットマネーの東急ルートが開設され、注目が高まっているANA東急カードを実際に発行してマイルをためている私が、ANA東急カードについての...

これをすべて用意したら、いよいよ東急ルートのポイント移行へいってみましょう!

東急ルートでANAマイルにポイント移行

まず、東急ルートの全体の流れを把握しておきましょう。

全体の流れ

  1. ドットマネーから東急ポイントへ
  2. 東急ポイントからANAマイルへ

たったこれだけなんですね。これまでのソラチカルートでは考えられないほど簡単なルートですよ!

ということで、交換していきましょう!

1.ドットマネーから東急ポイントへ

まずはドットマネーから東急ポイントへのポイント移行です。

移行の流れは以下のようになります。

移行までの流れ

  1. ドットマネーへログイン
  2. マネーをつかうを選択
  3. TOKYU POINTを選択し交換するをクリック
  4. 本人確認のためにドットマネー暗証番号を入力
  5. 詳細を入力し交換完了

まずドットマネーへログインします。

ドットマネーはアメーバIDでログインすることができます。アメーバのIDを持っている方はそのIDを入れればOKですよ。

ログインしたら「マネーをつかう」という項目をクリックしてください。

マネーをつかうの中にある様々な交換先の中から「TOKYU POINT」を選択してください。

次にドットマネーの暗証番号を入力します。これはどのポイントへ交換する際にも必要な暗証番号です。

その後、TOKYU POINTに交換する人(自分)の個人情報や、ANA東急カードのカード番号、そして交換するマネーの数を入力します。

あとは内容を確認したら完了です。

ちなみにここからTOKYU POINTへの交換完了までの日程は最短2週間程度、最長1ヶ月程度です。

ドットマネー→TOKYU POINTの交換日程
1日~15日申請分→申請月の下旬頃
16日~末日申請分→翌月の中旬頃

15日までに済ませると当月内でTOKYU POINTまで交換できるのでできる限り前半に処理できるといいですね。

2.東急ポイントからANAマイルへ

ドットマネーから東急ポイントに交換完了できたら、いよいよ、TOKYU POINTからANAマイルへ交換していきます。

移行の流れは以下のようになります。

移行までの流れ

  1. 東急ベルへログイン
  2. ポイントサービスの中にあるポイント交換をクリック
  3. ANAマイレージクラブ(AMC)750マイル移行をクリック
  4. 東急ポイント数を選択し確認したら完了

まずは東急ベルへログインします。

ログインしたら、左上に出てくるポイントサービスからポイント交換を選択します。

ポイント交換をクリックすると、交換先が出てきますので、「ANAマイレージクラブ(AMC)750マイル移行」を選択しましょう。

ここで。お客様番号と申込口数(1口1000ポイント)を入力することになりますので、自分のANAマイルのお客様番号と、希望する口数を入力しましょう。

入力できるのは最大100口(100,000ポイント)までです。1000ポイント単位での計算になるので、1999ポイント持っていても申込できるのは1口までになるのでできる限りポイントを集められるようにしましょう。

入力内容を確認したら移行申請が完了します。

ここからの移行期間は1週間程度となっていますが、私の場合は、翌日に交換されました。7月11日に交換申請をし、7月12日に交換完了したので、金曜日に交換されるようになっているのかもしれません。

移行期間と交換数まとめ

最後に移行にかかる期間や最少&最大の交換可能ポイント&マイル数をまとめておきます。

ドットマネーからTOKYU POINT TOKYU POINTからANAマイル
交換までの日数 1日~15日申請分→申請月の下旬頃
16日~末日申請分→翌月の中旬頃
約1週間
交換レート 100%(手数料なし) 75%(25%の手数料)
最小交換可能数 300マネー⇒300ポイント 1,000ポイント⇒750マイル
最大交換可能数(月間) 10万マネー⇒10万ポイント 10万ポイント⇒7.5万マイル

例えば、8月10日にドットマネーから東急ポイントに交換申請すると、最短で、9月の頭には交換できてしまうということになりますよ!

例)
8月10日:ドットマネーから東急ポイントへ
8月下旬:東急ポイントに交換完了
8月下旬:東急ポイントからANAマイルへ
9月上旬:ANAマイルに反映

こんな感じで、移行スピードはかなり速いです。LINEポイントから約1ヶ月で東京メトロポイントに交換が完了し、そこからANAマイルに交換にまた1ヶ月ほどかかるソラチカルートに比べると違いは歴然です。

ソラチカルート 東急ルート
ルートの流れ ①LINEポイント

②東京メトロポイント

③ANAマイル
①ドットマネー

②東急ポイント

③ANAマイル
①→②の移行期間 16日~15日の申請分→翌月11日 1日~15日申請分→申請月の下旬頃
16日~末日申請分→翌月の中旬頃
②→③の移行期間 16日~15日の申請分→翌月10日 いつでも約1週間
①→③の最短移行期間 2ヶ月弱 3週間弱

また、LINEポイントという難易度が高いポイントへ集約しなければいけない移行フローがあるソラチカルートに比べ、汎用性の高いドットマネーを使える東急ルートでは、マイルのため安さに差があります。

さらに、ソラチカルートでは最大2万ポイントを1.8万マイルに交換するのが限界でしたが、この東急ルートでは10万ポイントを7.5万マイルにするのが最大値となっていますので、最速かつ高還元率でマイルが貯めることができます。多くのメリットが存在するルートということですね。

ぜひ皆さんも東急ルートでANAマイルをためて、あこがれの場所にタダで旅行しちゃいましょう!