学生専用楽天カード「楽天カードアカデミー」とは?楽天カードとの違いの比較や申込基準などを徹底解説!

学生専用カードは安定した収入のない学生に向けたクレジットカードで、各社発行をしていますよね。楽天カードにも学生専用カードがあることをご存知ですか?

今日は、学生専用カードが楽天カードにもあるということだけではなく、そのスペックや楽天カードとの違いなどについてご紹介していきます。

楽天カードアカデミーってどんなカード?

まずは、楽天カードの学生専用カードである「楽天カードアカデミー」のカードスペックや特徴などを紹介していきます。

スペックはこんな感じです。

券種名 楽天カード アカデミー
年会費 永年無料
国際ブランド VISA、JCBのみ
ポイント還元 100円につき1円相当の1ポイント付与(1%還元)
電子マネー 楽天Edy,QUICPay
追加カード ETCカード
締め日・支払日 月末締め、翌月27日支払い
海外旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 付帯なし
ショッピング保険 ネットショッピングでの不正利用に対する補償あり
会員特典 学生限定特典あり!
入会キャンペーン 新規入会&利用で最大5,555ポイントプレゼント!

基本的には通常の楽天カードと同じスペックが利用できます。

年会費は無料で、ポイント還元率なども同じようなものになっていますが、一部内容が学生専用のスペックになっていますね。通常の楽天カードと違うところを紐解いていきましょう。

>公式サイト

楽天カードと違うところ

楽天カードと違うところは以下となります。

楽天カードアカデミーの特徴
  • 国際ブランドが「VISA、JCB」しか選べない
  • 入会特典でもらえるポイント数が555ポイント多い
  • 18歳~28歳の学生のみ(高校生は除く)が対象
  • 楽天カードアカデミー会員だけのお得な特典!
  • 利用可能額が30万円まで(自分でも設定ができる)
  • 卒後する年の6月に自動で楽天カードに切り替わる
  • 家族カードが付帯できない
  • 楽天Edy機能をつけると手数料がかかる

結構ありますね。学生専用とだけあって、お得な部分と制限されている部分がありそうです。詳しく紹介します。

国際ブランドが「VISA、JCB」しか選べない

通常の楽天カードでは、VISA、Mastercard、JCB、AMEXの4つのブランドから好みに合わせて選べるのに対して、楽天カードアカデミーでは、国際ブランドがVISAかJCBしか選べません。(MastercardとAMEXはない)

ただ、VISAは世界中のどこでも使える加盟店No.1の国際ブランドですし、JCBも国内はもちろんアジアなどではだいたい使えるので、安心してください。

また、通常の楽天カードであれば選べる以下のようなデザインカードも選ぶことができません。

デザインごとに特典もあるので、かなり人気があるのですが、楽天カードアカデミーでは通常デザインしか選べません。デザインカードが欲しい場合は楽天カードに申し込みましょう。

楽天カードアカデミーのカードデザインは?

楽天カードアカデミーのデザインは、通常デザインの楽天カードと全く同じです。外から見ても学生専用カードには見えません。

入会特典でもらえるポイント数が555ポイント多い

楽天カードアカデミーでは、通常の楽天カードの入会特典として貰える最大ポイントよりも555ポイント多くもらえます。学割特典として「楽天市場で1回以上の利用」が条件になっていますが、条件といえるほどのものではないですね。

新規入会で最大5,555ポイントプレゼント!
特典1:新規入会特典として2,000ポイント
特典2:カード利用特典として3,000ポイント
+
楽天学割特典として555ポイント

特典1と2は通常の楽天カードと同じく、特典1は「楽天e-NAVIで受け取り申請後5営業日以内に進呈」され、特典2は「カードを1回でも利用すればカード初回利用日の翌月20日頃に進呈」となっています。楽天学割特典として楽天カードアカデミーでもらえる限定特典は、「楽天市場で1回以上の利用」をすればもらえるので、特典2の時に楽天市場を利用すれば同時にクリアできますよ。

何はともあれ、学生専用楽天カードの楽天カードアカデミーに入会すれば通常の楽天カードよりも555ポイントも多くもらえるのはうれしいですよね。

18歳~28歳の学生のみ(高校生は除く)が対象

楽天カードアカデミーは、学生専用ですが、対象となっているのは「大学・短期大学・大学院・専門学校」のため、高校生は対象外です。また年齢も18歳~28歳と決まっています。

高校生以下の人や、29歳以上の学生の方は楽天カードアカデミーは持てないので楽天カードを選ぶしかありません。

楽天カードアカデミー会員だけのお得な特典!

楽天カードアカデミー会員には、以下のような限定特典が付帯しています。

サービス 条件 優待
楽天ブックス 本やDVDなどの支払いを利用 ポイント最大5倍
楽天ブックス 本などダウンロード購入の支払いを利用 ポイント最大3倍
楽天トラベル 高速バス予約で支払いを利用 ポイント最大3倍

どれも学生にはうれしいポイント倍率アップの限定特典です。対象期間は楽天カードアカデミーのカード発行から1年間(カード発行月を含む13ヶ月間)が有効になっています。

5倍の内訳:通常1%+カード利用分1倍+限定ポイント最大3倍
3倍の内訳:通常1%+カード利用分1倍+限定ポイント最大1倍

※卒業予定年の3/31を過ぎたら限定ポイントの中の+1倍分は終了されます。

利用可能額が30万円まで(自分でも設定ができる)

楽天カードアカデミーの利用可能額は最大30万円となっています。学生カードは10万や20万までとなっているカードも多いので、ほかの学生カードに比べて多い印象です。

海外旅行の際や、家賃の支払いなどをする場合には、10万じゃ到底足りないので、30万円までとなっているのはありがたいですね。

また、自分で利用可能額を設定することができるので、使い過ぎてしまう心配があるという方でも安心ですよ。

卒後する年の6月に自動で楽天カードに切り替わる

楽天カードアカデミーは卒業する年の6月に通常の楽天カードに切り替わります。同ブランドの通常デザインの楽天カードが送られてきます。自動的に新カードに切り替わるというように書いてありますが、実際には、新しいカードが送られてくる形になるので、持っているカードは切り込みを入れて捨て、新しいカードの利用をするようにしなければいけません。

また楽天カードに切り替わるタイミングで再審査がかかるため、それまでに金融事故などを起こしてしまっていると切り替えのタイミングでカード発行が見送りになってしまうこともありますので多少リスクはありますね。

家族カードが付帯できない

当たり前ですが、家族カードが付帯できません。学生の場合はいらないですよね。もし結婚をして奥さんに持たせたいという場合には、通常の楽天カードに変更して家族カードを発行するといいですよ。

楽天Edy機能をつけると手数料がかかる

ここは少しデメリットになりそうです。通常の楽天カードで無料で付帯させられる楽天Edy機能ですが、楽天カードアカデミーでは楽天Edy機能を付帯させるのに324円(税込)の手数料がかかってしまいます。
ただ、楽天カードを持つにあたり楽天Edy機能の付帯はマストといえますので付帯させた方がいいです。電子マネーなのでかんたんに決済ができますし、Edyには初回500円分の残高がチャージされてきますので、324円(税込)がかかったとしても付帯させることがおすすめですよ。
もしそれすらももったいないという方は通常の楽天カードにチャレンジしてみましょう!

楽天カードアカデミーよりも楽天カードの方がよさげ

楽天カードアカデミーと楽天カードとの違いをご紹介してきましたが、良い点もあれば悪い点もありましたね。

私の印象だと楽天カードの方がいいなと感じています。デザインや国際ブランドが選べる点が大きなメリットですし、Edy機能も無料でつけれますからね。あとは、卒業と同時に新しい楽天カードに切り替わるので、いろいろ変更しなければいけなくなるから、めんどくさいというのも正直なところかなと思います。

楽天カードは学生でも持てるカードなので、メリットを感じられない場合には、わざわざ学生専用にする必要もありません。

【楽天カードの入会基準】
満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)
※高校生は除く

もちろん、審査に落ちてしまった方は、学生専用カードに申し込んでみるのもありかと思います。

楽天カードは学生におすすめ

楽天カードや楽天カードアカデミーは学生の方には非常におすすめです。

なぜかというと、楽天カードは年会費が無料にもかかわらずポイントがザクザク貯まるからです。

楽天市場や楽天ブランドアベニューでの買い物や、楽天ビューティー、楽天トラベルの利用、楽天ペイや楽天Edyでの決済など楽天のサービスではポイント還元率が他のクレジットカードに比べて何倍も多く溜まっていきます。

楽天市場では3%還元、楽天ペイでは1.5%還元、などというように貯めていけるのは大きいです。楽天市場のセールなどを利用するだけでも相当貯められるので、お金のない学生にとってはめちゃくちゃありがたいですね。

私も楽天スーパーポイントを1ヶ月に1万ポイント以上貯めています。

溜まった楽天スーパーポイントは楽天グループだけではなく楽天ポイント加盟店で使えますし、楽天ペイで使うことだってできちゃいます。ポイントが無駄にならないのもうれしいです。

>公式サイト

楽天カードから楽天カードアカデミーに切り替えることはできる?

楽天カードを持っているけど楽天カードアカデミーが欲しい!と思った方は、一度解約しないと、カードの切り替えができません。

カード切り替えの流れ

現在の楽天カードアカデミーの解約から楽天カードの申込みまでの流れは以下のようになります。

  1. 楽天カードアカデミーを準備
  2. 電話をして指示に従い手続きをする
  3. 3営業日後、新規で楽天カードの申し込みをする

まず、楽天カードアカデミーを準備してください。解約に際し、カード番号、氏名、生年月日、電話番号が必要です。

準備ができたら、楽天カードのコンタクトセンターに電話をしましょう。

電話番号は「0570-66-6910」です。(※1)

電話では、コールセンターの方と話す形ではなく(※2)、自動音声でプッシュボタンを操作する形で進めていきます。自動音声の指示に従ってください。

最初の選択は「5」を押すとはやいですよ。(5→カード番号→生年月日→4の順番で操作します)
解約が終わったら3営業日後、楽天カードお買いものパンダデザインの申し込みをしましょう。

※1:営業時間:9:30~17:30
※1:PHSなど一部ご利用いただけない場合「092-474-6287」
※2:AMEXを早期解約(1ヶ月以内)したらコールセンターでの対応になりましたので、場合によっては自動音声だけでは難しいこともあるようです

カード変更(切り替え)における注意

カードの変更はご紹介したように、一度退会してから再入会する形となります。注意してもらいたいことは、「カード番号や有効期限」が変わるということです。公共料金や携帯代などクレジットカード支払いに設定しているものがあれば変更の手続きを行う必要があります。

旧カードの楽天Edyの残高は引き継がれませんので(補償もなし)必ず使い切ってから旧カードの処分をしましょう。

また、ETCカードにおいても一度退会することで作り直しが必要になります。

カード変更(切り替え)における不安について

私は楽天カードのカード切り替えを3回行ってきましたが、限度額の変更はなく、カードの切り替えができています

カード切り替えでカードが発行できなかったらどうしよう…カードの限度額が今以上に少なくなってしまったらどうしよう…という心配をされている方、私の経験上、大丈夫かと思いますよ。
もちろん、カード発行以降に金融事故(支払いの滞納など)を起こしている人は危険です。

>公式サイト

まとめ

楽天カードの学生専用カード楽天カードアカデミーについて紹介しました。いかがでしたか?

私は個人的に学生さんも申し込める楽天カードでいいかなと思いましたが、555ポイントも余分にもらえる上に、特典のポイント還元などのメリットを感じた方はおススメですので、ぜひ作ってみてください。

何はともあれ、楽天カード、最高っすよ^^