タダで1000円もらえる祭りが開催!LINE Payの300億円キャンペーンについて徹底解説!

本日開始した、LINE Payの300億円キャンペーンについて簡単に紹介していきます。

期間限定かつ、300億円に到達した瞬間に終わってしまうキャンペーンなので早期終了が目に見えています。すぐやりましょう!!!

祝 令和!全員にあげちゃう300億円祭!

今回開始したキャンペーンは、2019年5月1日に変わった新元号「令和」を祝ったキャンペーンとして、2019年5月20日(月)11時~5月29日(水)いっぱいまでの期間限定で開催されます!

さらに300億円に到達した場合、早期終了もあり得ます。PayPayの100億円キャンペーンもかなり早く終わった経緯もあるので、今回も早いもの勝ちとなりそうです!

キャンペーンの詳細は以下の通りです。

名称 祝 令和!全員にあげちゃう300億円祭!
開催期間 2019/5/20(月)11:00~5/29(水)23:59
※300億円に達したら終了
条件 無料で貰える送金用の1,000円分のLINE Payボーナスを受け取れば1,000円分のLINE Payボーナスが貰える!
対象ユーザー LINE Payの本人確認が完了しているユーザー全員
還元 LINE Payボーナス
付与上限 1,000円/人
付与日 受け取り後すぐ(受取期限:6/30)
PT有効期限 獲得から2年間
詳細URL https://linepay.line.me/campaign/30bill.html

上記のように、LINEの友だちに送金することで送金を受け取ったユーザーは1,000円分のLINE Payボーナスがもらえるよといった内容です。

LINE PayボーナスはLINE Pay決済で利用可能なLINE Payのポイントのようなものです。

通常のキャンペーンと違い、友だちから1,000円分のギフトが送られてこないと貰えないので、1人では参加できないキャンペーンです。友だちに送って、送り返してもらうといいですね。

送金することができる1,000円分は何人に送っても無料なので、リスクはありませんよ。

絶対参加です!

参加方法

まずは、キャンペーンの参加方法などをご紹介します。

  1. LINEの友だちにキャンペーンページから1,000円送ってもらう
  2. LINE Payの受け取りを確認

たったこれだけです。「送ってもらい、受け取る」当たり前のようですが特に必要な作業はこれ以上ありませんでした。

なかなか送ってもらえなかったら、自分が送ることで相手にも送ってもらうのも一つの手かと思います。

本当に簡単ですから、いろんな人にやってみてください。もちろん自分も貰うことを忘れずに…!

GETしたらこんな感じでLINEに通知が入りますよ。

LINE Payの本人確認を済ませてない方は、通知が入ったら受け取りをするタイミングで本人確認をする流れとなります。

ただ注意事項もあるので紹介します。

注意事項

以下のような注意事項があります。

  1. 送れない相手がいる
  2. 受け取った残高は出金できない
  3. 早期終了になる可能性がある

細かく解説します。

1.送れない相手がいる

今回のキャンペーンは送金されて受け取ることで1,000円分のLINE Payボーナスをゲットするといった内容になりますので、あたりまえですが、送れなければ受け取ることもできません。

  • LINE Payの本人確認が完了してない人
  • 受け取ったことがある人
  • LINEの友だちでない人

上記の人には送れないので注意が必要です。

こんな感じで表示されます。

LINE Payの本人確認が完了してない人

LINE Payボーナスを送金する際に、相手側が本人確認をしてないと、送れません。もちろん自分が本人確認をしていなければ誰からも送ってもらえないということになるんですね。必ず本人確認をしておきましょう。

本人確認の方法は後程紹介していますので、ご覧ください。

受け取ったことがある人

また、送ってもらえるLINE Payボーナスは1人1回しか受け取れません。何人にでも送れるようになっているのですが、受け取りは1回までなので注意しましょう。

LINEの友だちでない人

今回のキャンペーンでは送金機能を使ってもらうために、友だちに無料で1,000円分送金できるよという内容になっています。この「友だち」は「LINEの友だち」を指します。LINEの友だちでない人には送金できないので注意が必要です。

2.受け取った残高は出金できない

LINE Payは残高を出金することも可能ですが、今回のキャンペーンで受け取るのは、LINE Payボーナスというポイントのようなものになるので、出金できません。

ただ、LINE Payはコード支払いだけではなくLINE Payカードというリアルカードの発行もでき、このカードであればJCBの加盟店でクレジットカードと同じように支払いが可能(LINE Pay残高にある金額までしか決済はできません)なので、使える場所はめちゃくちゃ多いですよ!

LINEは日本で知らない人はいないほどのコミュニケーションアプリです。そのLINEのサービスに話題のPayPayや楽天ペイと同じQR決済サー...

またSuicaにチャージすることも可能なので、Suicaにチャージして使うのもいいですね。

チャージ方法は以前紹介したキャンペーンページで紹介してますのでよかったら参考にしてみてくださいね。

3.早期終了になる可能性がある

今回の300億円キャンペーンは期間限定ですが、全体の上限金額が300億円に設定されています。

1人1000円で、300億円なので3,000万人限定ということになります。

この300億円が渡ったタイミングですぐに終了となるといわれていますので、早めにやっておくのがいいでしょう!

LINE Payの本人確認方法

LINE Payの本人確認はLINE Payメインメニューから、設定にある「本人確認」から行えます。以下のように3つのパターンの中から行うことが可能です。

  1. 銀行口座の登録
  2. かんたん本人確認
  3. 郵便認証

以下詳しく解説します。

銀行口座の登録

一番おすすめなのが銀行口座を登録することです。銀行口座を登録するとすぐに本人確認が完了しますし、チャージや出金のサービスが利用できるようになります。

手順は以下のようになります。

  1. 登録したい銀行を選択
  2. 各銀行のサイトで必要な情報を入力
  3. 事前確認ページを確認し次へ
  4. 個人情報利用目的を確認し同意する
  5. 生年月日、暗証番号、お手元の銀行通帳の最終記載金額を半角で入力する
  6. 収納企業に戻るを選択する
  7. 完了

銀行口座の通帳の最終記載金額などが必要になるケースが多いので、手元に準備をして口座の登録をしましょう!

私は三菱UFJ銀行で登録したので上記のように設定しましたが、登録フローは各銀行によって違うので、公式サイトにて確認してみてください。

LINEは日本で知らない人はいないほどのコミュニケーションアプリです。そのLINEのサービスに話題のPayPayや楽天ペイと同じQR決済サー...

かんたん本人確認

かんたん本人認証は、スマホで身分証を撮影し登録することで本人確認をする方法です。最短数分で完了しますが、銀行口座登録をするよりも遅いです。

手順は以下のようになります。

  1. かんたん本人確認を選択
  2. 必要事項の入力
  3. 提出予定の身分証を選択
  4. 身分証の写真を撮影しアップロード
  5. 現在の自分の顔を撮影
  6. アップロード
  7. 申請完了

スマホのカメラで自分の写真を撮影しなければいけいない点はちょっと抵抗がありますよね。

こんな感じで撮影します。(公式サイトを参考にしました)

郵便認証

郵便認証は、本人確認書類を郵送して本人確認をとる方法です。これは一番原始的といえますし、本人確認に日数がかかるのでおすすめできません。

手順は以下のようになります。

  1. 郵送本人確認を選択
  2. 必要事項を入力
  3. 提出予定の身分証を選択
  4. 身分証の写真を撮影しアップロード
  5. 登録住所にハガキが届く
  6. ハガキにある「QRコード」を読み取る(※)

※ハガキに記載のある16桁の英数字の入力でもOK

基本はかんたん本人確認と同じですが、最後の自分の顔を撮影するところがハガキでの認証に変わった形です。顔認証が嫌な人は銀行口座登録か、この方法にしましょう。

こういうハガキが届きます。(公式サイトを参考にしました)

まとめ

今回のLINE Payキャンペーンは、本人確認が必須ですが、確実にやる価値はあります。むしろこの機会にLINE Payを始めてみてもいいと思いますよ!LINE Payは電気代の料金収納の支払いなどにも対応していますし、リアルカードも発行していて非常に便利なサービスです。キャッシュレスはじめるなら今です!