メルカリのスマホ決済「メルペイ」について徹底解説!超初心者には一番おすすめなスマホ決済かも?

GWの圧倒的キャンペーンで爆発的にユーザーが増えたメルペイの魅力についてご紹介していきます。

実際に私もGWのキャンペーンに飛びついて以来、使いやすさを感じて、利用しまくってます。

途中で紹介しますが、紹介コード(PGTVBH)を入れていただければ1,000ポイントももらえますので、これから始める方は、紹介コードを入れてくださいね。

メルペイとは?

メルペイはメルカリが運営するスマホ決済サービスです。

メルカリはフリマアプリとして最も有名なので、だれもが一度は聞いたことがあるかと思います。そんなメルカリの売上金を換金しなくてもリアル店舗でスマホ決済として利用することができるのがメルペイです。もちろん、メルカリの売上金だけではなく、銀行口座から残高をチャージして使うこともできますので、スマホ決済のサービスとしての機能もばっちり搭載されています。

また2019年3月にLINEとメルカリが提携することを発表したので、7月にはLINE Payとの連携も実現される予定です。

連携されれば、メルペイをLINE Payの対象店舗でも使えるようになるんです。これが意外と知られてませんが、実現されれば取扱店舗が大幅に増えますし、これまでメルペイで支払えなかったサービスも増えるようになります。今後にも期待できるサービスなんです。

メルペイの特徴とメリット&デメリット

メルペイは、メルカリの売上金が使えることが特徴ではありますが、その他にもコード支払い以外に電子マネーのiD支払いにも対応していることが大きな特徴となっています。

バーコードやQRコードの読み取りで決済する以外の選択肢があるのはかなり大きなメリットにもなりますよね。

電子マネーiDの加盟店での決済もできるので、対象店舗がかなり多い(約90万店舗)です。私の経験上、電子マネーが使える場所ではiDはほぼ使えるので、iD決済ができるのはかなり大きなポイントです。

ということで、パッと簡単にメリットとデメリットをあげてみたいと思います。

メリット
・電子マネーiDでの決済が可能
・メルカリの売上金を使える
・キャンペーンが鬼アツ!過去には70%還元も
・クレカのようにあと払いで使える
デメリット
・クレジットカードからチャージできない
・登録できない銀行口座がある
・チャージが1,000円以上からになる
・あと払いには手数料がかかる

こんな感じですね。

特に特徴でも挙げた電子マネーiDでの決済が可能なことは最大のメリットだと思います。

iDは多くの店舗で使えるだけではなく、ほかのスマホ決済の支払いの際に「〇〇ペイで」と言い、バーコードを見せたり、QRコードを読み取るような慣れない形ではなく、「iDで」と伝えて機械にピッとスマホをタッチするだけの慣れている方法での決済方式が使えるので、始めやすいし、抵抗が少ないですし、恥ずかしさや、店員さんとのやり取りの煩わしさもないのはありがたいですね。

また他にも、メルカリの売上金を使う事ができるというのもメリットですね。メルカリはフリマアプリとして最大とも言える大きなマーケットです。私の個人的なイメージとしては「なんでも売れる」って感じですね。

売れるものを売って、メルペイで支払いをする。こうなってくると不用品を無駄にせず処理できる上に、キャッシュレスでの決済もできるという最高の形が実現できるわけなんです。

さらに、メルペイでは「残高払い」以外にも「あと払い」という仕組みが存在します。あと払いでは、クレジットカードのように1ヶ月間の利用額を支払日にまとめて支払うという方式です。クレジットカードを持ってない方でも支払いを遅らせることができるのはメリットですし、チャージをしなくても支払いができるというのは大きなメリットになりそうです。

セブンイレブンでは2019年のゴーグルデンウィーク期間中は70%還元のキャンペーンを実施しているので、絶対お得ですよ!

8月1日からまたキャンペーンが再開しています!

10月3日までにメルペイを新規で始める方は、 招待コードを入れるだけで1,000円分がもらえます! いつもは300円分しかもらえないので...

他にもたくさんのメリットはありますがこんなところにして、デメリットについても触れていきたいと思います。

大きなデメリットはないと思います。ただ、ほかのスマホ決済に比べると、クレジットカードからチャージできなかったり、登録できない銀行口座があったり、チャージが1,000円以上からになるところは、デメリットとして感じました。

スマホ決済では、利用するたびにポイントが貯まるので、クレジットカードと組み合わせてポイントの二重取りをすることがお得となる訳なんですが、メルペイでは銀行口座からのチャージした残高か、メルペイポイント、メルカリの売上金での支払いのみとなっていて、クレジットカードからのチャージができませんので、クレジットカードと組み合わせたポイントの二重取りはできません。

ただ、メルペイを使ったSuicaなどへのチャージはできますのでメルペイ発信でのポイント二重取りは可能です。

また、銀行口座で登録できないところがあるのもデメリットです。

登録できる銀行口座は以下になります。

三菱UFJ銀行みずほ銀行三井住友銀行りそな銀行
埼玉りそな銀行イオン銀行愛知銀行青森銀行
足利銀行阿波銀行伊予銀行岩手銀行
SBJ銀行愛媛銀行大垣共立銀行香川銀行
北日本銀行紀陽銀行京都銀行群馬銀行
京葉銀行高知銀行滋賀銀行四国銀行
静岡銀行じぶん銀行仙台銀行大光銀行
第三銀行大東銀行筑邦銀行千葉興業銀行
中京銀行筑波銀行東和銀行徳島銀行
栃木銀行鳥取銀行トマト銀行富山銀行
長野銀行西日本シティ銀行百十四銀行福井銀行
福島銀行北海道銀行三重銀行みちのく銀行

私も実際に楽天銀行を登録しようとしたら、登録できなくて少しデメリットを感じました。今後順次拡大中のようなので、早めにネット銀行系も増やしてもらいたいところですね。

また、残高チャージが1,000円からになるのも若干デメリットではあるかなと思います。
基本的にスマホ決済は少額の決済に使うことが多いので、少しずつチャージしていくことができるといいですよね。今後改善されてくることを期待しましょう!

キャンペーンはめちゃくちゃお得!

キャンペーン中はめちゃくちゃお得です。9月18日〜30日の期間限定で、初めての方に向けた、増税前の50%還元キャンペーンが行われています!

内容としては、期間内に初めて「本人確認」を完了して、メルペイを使うと翌日に支払い額の50%相当のポイントがもらえるという超単純な内容になっています!

使った翌日に50%分がポイントとして還元されるのは嬉しいですね。メルペイコード払いもしくは、iDが使える店舗であれば、どこでも50%還元なので初めての方は今始めるのがチャンスです!

メルペイを始めるときは、招待コード「PGTVBH」を入れると1,000ポイントもらえますので、ぜひご利用ください。

貰った1,000ポイントで支払いをしても50%還元がもらえるので、まさにエンドレス還元。無料で約2,000円分使えます!

1,000円分を最初にもらってマトリョーシカ方式で還元を受けるとこんなイメージです。

INOUT理由
9月18日1,000紹介でメルペイ開始
9月18日1,000利用
9月19日50050%還元
9月19日500利用
9月20日25050%還元
9月20日250利用
9月21日12550%還元
9月21日125利用
9月22日6250%還元
9月22日62利用
9月23日3150%還元
9月23日31利用
9月24日1550%還元
9月24日15利用
9月25日750%還元
9月25日7利用
9月26日350%還元
9月26日3利用
9月27日150%還元
9月27日1利用
合計1,994

また、過去にはこんなキャンペーンもやってましたよ。

メルペイをあと払いで利用するだけで利用金額の70%分がもらえちゃうキャンペーン!

この70%還元は、コンビニ、マック、吉野家などの70%対象店舗以外でも、メルペイが使える店舗(iD加盟店も含む)であれば50%還元となるので、多くの店舗でもめちゃくちゃお得です。

この還元分は、1ポイント1円として使えるポイントとして翌日にもらえて、もらったポイントはまたメルペイの支払いで使えるのは圧巻です。普通にiDでと支払えば、勝手にポイントから消化してくれますよ。

10月3日までにメルペイを新規で始める方は、 招待コードを入れるだけで1,000円分がもらえます! いつもは300円分しかもらえないので...

メルペイの使い方

メルペイの使い方についても紹介していきます。

簡単な流れ

  1. メルカリアプリのインストール
  2. メルカリへ会員登録
  3. 本人確認
  4. 売上金または、口座からチャージ
  5. iDもしくはコード支払いで利用

それでは流れに沿って紹介します。

メルカリアプリのインストール

まず、メルペイはメルカリアプリを使います。メルカリアプリは、インストールしているだけでは無料で利用できるので安心してください。

まず、スマホにメルカリアプリをインストールしてください。

メルカリへの会員登録

インストールしたらメルカリへ会員登録を行います。

会員登録は、Facebook、Googleのどちらかのアカウントでログインするか、メールアドレスで登録するか、どちらかで行えます。

必要なものは、以下になります。

  • ニックネーム
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 招待コード(任意)

招待コードは任意となっていますが、招待コードを入れると1,000円分のポイントがもらえますので、ぜひ私の招待コードを入れて進んでください。

※すすメルペイキャンペーンの期間外の場合は、300ポイントです。

招待コードは以下になります。

PGTVBH

全て大文字なので大文字で入れてくださいね。

何もないより絶対お得なので確実にゲットしちゃってください!

今なら紹介コードを入れるだけで
1,000ポイントGET!

いまなら普段300ポイントが1,000ポイントになります!
1,000円分の買い物がタダになるので絶対得ですよ!

もらったポイントはすぐ使えるだけじゃなく、ポイントで決済してまたポイントが貯まるという無限ループも利用可能です!

本人確認

インストールが完了したら、本人確認を行うことでメルペイも利用する事ができます。

本人確認は以下の2パターンあるのでお好きな方でやってみてください。

  • お支払い用銀行口座を登録
  • アプリでかんたん本人確認

本人確認が済んだら、メルカリの売上金があればそのままメルペイを利用することができます。

ちなみに本人確認が済むと、メルカリの売上金の有効期限も無くなりますし、売上金の振込も1営業日でできちゃいます。

チャージ

メルペイは基本的に、メルカリの売上金を使って決済するサービスと言う形で認識されがちですが、メルカリの売上金がない場合も、銀行口座を登録すれば口座からチャージできるので安心してください。(チャージ手数料はかかりません)

以下の3つから決済されます。

  1. メルカリの売上金
  2. メルペイを利用するともらえるポイント
  3. 銀行口座からチャージしたメルペイ残高

メルカリのキャンペーンなどでもらえるポイントは、チャージしたメルペイ残高よりも先に消化される仕組みになっているので、ポイントを使い漏らすこともありません。

ただ、ご紹介したように現在のところ、チャージは銀行口座のみとなっているので、ほかのスマホ決済のようにクレジットカードチャージでポイントの二重取りなどはできません。さらに登録できる銀行口座も決まっていて、ネットバンクなどはできないようです。(2019/5/3現在) ※逆にメルペイからSuicaなどへのチャージは可能です。

また、チャージに関しては以下のような注意点があるのでしっかり確認しましょう。

【注意点】
1日のチャージ(入金)限度額:20万円
※メルペイ残高が100万円以上ある場合は、追加でチャージできません
最低チャージ(入金)金額:1,000円/回

1日20万円のチャージ限度額については、あまり影響ないとは思いますが、1,000円以上からでないとチャージができないのはちょっと不便ですね。

決済

決済方法としては、2種類あるので使える場所に応じて2種類の決済方法を使えるようにしましょう。

・コード決済(メルペイ)
・電子マネーiD決済(メルペイ&iD)

※()はメルペイ利用可能店舗か、iD利用可能店舗かを記載しています。

コード決済

コード決済は、メルカリアプリ内にあるメルペイページから、コード払いを選択して、バーコードとQRコードを表示させ、表示させたページを店員さんに見せればOKです。

以下のような流れでページを表示させられます。

コード支払いの前に認証が入るので、セキュリティも万全です。

他のスマホ決済と同じような使い方になります。

電子マネーiD決済

メルペイはスマホ端末をお店の機械にタッチするだけで決済ができるiD決済も利用できます。電子マネーiDを利用するには、おサイフケータイ機能つきのAndroidか、iPhoneかApple Watchが必要です。

Androidではおサイフケータイ、iPhoneではWalletアプリにメルペイのバーチャルカードを登録することで、利用する流れになります。

【iOSの対応機種】
日本国内で販売されたiPhone 7以上、Apple Watch Series 2以上の端末で対応しています。※設定には、iOS 10.1以上のバージョンが必要です。【Androidの対応機種】
Android 5.0以降がインストールされているおサイフケータイ対応のスマートフォンでご利用になれます。

店舗で、「iD(アイディー)で」と言って、機械にタッチすれば支払い完了です。iPhoneの場合は、Walletアプリで、メルペイを選択してからタッチしましょうね。

あと払い機能も搭載!

また便利な機能として「あと払い」というクレジットカードのような支払い方式も利用可能です。

この支払い方法は、あと払いという名の通り、売上金がリアルタイムでなくてもコンビニや飲食店で決済ができ、利用した月の翌月末に「指定の銀行口座からの引き落とし」もしくは、「コンビニの端末で直接支払い」を行うと言う流れの支払い方法です。

あと払いといいますが、リボのような溜まっていく方式とは違い、クレジットカードのような流れでの決済になるといことがポイントです。クレジットカードをもっていないひとにとってはありがたいサービスですね。

また自分で利用金額の上限を決めることもできるのは嬉しいですよね。使いすぎる心配がある方は、上限を設定しておくといいですよ。

あと払いの設定方法

あと払いは事前に設定をしておく必要があるので、設定方法についてご紹介します。

あと払い設定のやり方

  1. メルペイページへ
  2. 「お店でのあと払いを設定する」をタップ
  3. 詳細を読んで「設定をはじめる」をタップ
  4. 利用目的を選んで「上記の利用目的で申込む」をタップ
  5. 利用上限金額を好きな金額に設定して「この金額ではじめる」をタップ
  6. 設定完了

上記の流れになります。

まず、メルペイページから設定画面へ移動して、設定をを始めるをタップします。すると利用目的が出てくるので、利用目的を確認して申し込みボタンを押します。

次は、利用上限金額の設定です。利用上限金額は1000円~2万円まで選べます。上限金額は、1ヶ月につかえる金額の上限額となります。上限を設定すると設定金額以上の決済はできなくなります。今回のキャンペーンだけであれば3000円ぐらいに設定しておくといいですね。

これで設定完了です。以下のようなページになったらOKです。

注意点として、2019年7月1日からはこの「あと払い」を利用すると300円の手数料が発生しますので、手数料がもったいない!と思った方は、キャンペーン終了後は、あと払い方式ではなく「残高支払い」で利用することをおすすめします。

メルペイ残高を現金に戻す(出金)

メルペイはメルカリの売上金と同じ扱いで、出金することができます。最終的に使わなかったときには出金すれば使い漏らしはなくなるので、安心ですね。

振込時の手数料はこんな感じになってます。

〜1万円:210円
1万円〜:無料

1万円以上でないと手数料無料にならないのか。と思った方もいるかと思いますが、1万円以上になれば手数料が無料になるということに注目してください。

もし仮に5,000円のチャージ分がある場合なら、5,000円追加で入金して1万円以上にしてから出金すれば無料で出金できますよ。もちろん入金手数料はかからないので完全に無料になります。

セキュリティは大丈夫?

気になるセキュリティ面についてですが、メルペイのアプリにおいて決済や、出金の際にはパスワードや生体認証が必ず必要になるので、スマホを落としてしまった際などでも安心です。

Suicaなどでは認証なしで行ける場合もありますが、メルペイには認証なしで決済などができることはないのでセキュリティ的には高いと思います。

また、本人認証に関しても事前登録が必須になるのでこの点においてもセキュリティはしっかりしていると思います。

まとめ

メルペイは、メルカリの売上金を使えたり、電子マネーのiDを利用した決済ができるという特徴があるので、超初心者の方には一番おすすめできるなと感じました。

消費税の増税に伴い、キャッシュレスが推進されてくるので、今後のキャッシュレス社会への適用に向け、メルペイからスタートさせてみてはいかがでしょうか。