楽天カードの弱点を補うためにおすすめのクレジットカードを考えてみた

日本でのクレジットカードの平均所有枚数は2〜3枚ほどと言われています。
この記事では2〜3枚目のクレジットカードとしておすすめのサブカードをご紹介します。

楽天カード1枚である程度は事足りる

いきなりこんなこと言うのもなんですが、楽天カードを1枚持っていればある程度は事足りてしまうんですよ。

楽天カードは年会費無料で、多くの場所で使える楽天スーパーポイントが1%の還元率で貯まる上に、電子マネーの楽天Edyやスマホ決済の楽天ペイの利用も可能でとても便利なクレジットカードなんです。

日用品から、衣料品、家電まで何でも揃っている楽天市場では3%還元以上の還元率になっているので、ネットショッピングに対しては最強です。

だれもが1度は耳にしたことがあるクレジットカードといえば、楽天カードだと思います!一度はCMをみたことがありますよね?「楽天カードマン!」っ...

楽天カードを持ってない方は、ぜひ検討してみてくださいね。

>公式サイト

これだけ言っても本当に素晴らしいクレジットカードではあるのですが、楽天カードにも少なからず弱点もあります。

楽天カード1枚持ちの弱点

  • ETCカードが年会費500円かかる
  • 国際ブランドが1つしか使えない
  • 交通系ICカード(定期など)には弱い
  • Amazonやヤフーショッピングに弱い
  • 海外旅行保険が自動付帯ではない

実は楽天カードはETCカードは年会費がかかります。楽天のダイヤモンド会員になれば無料になるのですが、ランク次第で、有料になるかもしれないと考えるとちょっと不安ですよね。

また、国際ブランドは1枚につき1ブランドしか持てません。楽天カードでVisaを選んだ方は日本やアジアで強いJCBブランドを持っておくとほぼどこでもクレジットカード決済ができるようになりますよ。

さらに楽天カードは交通系ICカードとしての機能やメリットはありません。Suicaなどの機能がついていないので、Suicaが一体型になっていたり、オートチャージができるクレジットカードを持っておくと便利です。

また、楽天カードは楽天市場では圧倒的な還元率を誇りますが、Amazonとヤフーショッピングでは基本の1%しかもらえないのでおすすめできません。Amazonやヤフーショッピングを使うことがある方は、それぞれでメリットがあるクレジットカードを持っておくといいですね。

海外旅行に行く方は海外旅行保険も重要なポイントですね。楽天カードの海外旅行保険は手動付帯(交通費などの支払いをすることが条件)なので、ちょっと心細いです。海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードを持っておくのも一つですね。

こんな感じの弱点を補うために2枚目のクレジットカードを持つことをオススメします。

どんなカードがおすすめなの?

まず、選び方のポイントですが、弱点を補えるようなクレジットカードであることはもちろんですが、以下のようなカードを選ぶといいと思います。

サブカードの選び方

  • 年会費無料のカード
  • ポイントの使い道が豊富なカード
  • 定期券などが載せられるカード
  • 海外旅行保険が自動付帯のカード

このポイントを押さえていて私がおすすめしたいのはこの組み合わせです。

  1. 楽天カード×オリコカードザポイント
  2. 楽天カード×ビックカメラSuicaカード
  3. 楽天カード×エポスカード

楽天カード×オリコカードザポイント

まずはオリコカードが発行するポイント特化型のクレジットカード「オリコカードザポイント」です。

このカードを2枚目のおすすめカードとして選んだポイントは、ETCカードが無料発行できること、ポイント還元率が高いこと、ポイントが楽天スーパーポイントを含む数多くのポイントへ交換できることです。

オリコカードザポイントの詳しいことが知りたい方は以下の記事へ進んでください。

オリコカードのポイント特化型カード「オリコカードザポイント」をご紹介します。私はデザイン性がよく、ポイントがよく貯まり、ポイントの使い道も豊...

楽天カードの弱点であるETCカードが有料であることを補えるのはもちろん、オリコカードザポイントはMastercard、JCBから選ぶことができるので楽天カード1枚では持てなかった国際ブランドも持つことができます。

また、オリコカードザポイントはオリコモールというショッピングモールを経由するとAmazonや、ヤフーショッピングでのポイント倍率も上げることができるのです。

楽天カードではAmazonやヤフーショッピングでは特別なポイント還元は受けられないので、Amazonやヤフーショッピングがどうしても使いたい場合にはオリコカードザポイントをオリコモールを経由して使うといいですね。

Amazonで買い物をする人におすすめしたい買い方をご紹介します! オリコカードのショッピングモールであるオリコモールを経由してAmazo...

また、オリコカードザポイントで貯めたオリコポイントは数多くのポイントへ交換することができるので貯めたポイントも無駄にせず使うことができるものメリットの一つです。もちろん、楽天スーパーポイントにも交換可能なので、オリコカードで貯めたポイントを楽天スーパーポイントに交換すれば楽天カードで貯めたポイントと合算することができ、シンプルでわかりやすく使っていけると思います。

マイルへの交換もできますよ!

オリコカードを使うと貯まるオリコポイントはポイントの使い方における選択肢が豊富なポイントです。Tポイントや、nanacoポイントなど、いろい...

楽天カード×ビックカメラSuicaカード

次はビックカメラSuicaカードというクレジットカードです。

このカードはJR東日本のSuicaが搭載されているのでチャージすれば交通系ICカードとして使うことができます。

楽天カードには交通系ICカード機能が付帯していないので2枚目として弱点を補うことができます。

また、オートチャージ機能も搭載しているので、設定をすれば残高不足でチャージする必要もなくなるのでめちゃくちゃ便利です。もちろん、定期券もJRであればカードに載せることができますよ。

さらにVisaとJCBが選べるので楽天カード1枚では持てなかった国際ブランドを持つことができます。

年会費は477円かかりますが、初年度は無料ですし、年間1回でも使えば無料になるので問題ないと思います。ちなみにSuicaへのチャージでもOKです。オートチャージ機能を設定しておけば確実に1回は使うでしょうから年会費は実質無料という認識で問題ないです。

さらにビックカメラSuicaカードはビックカメラで買い物をするときに最大11.5%のポイント還元が受けられちゃうんです。

11.5%還元の内訳は以下の通りです。

・ビックカメラSuicaカードからSuicaチャージでJREポイントが1.5%!
・ビックカメラでチャージしたSuicaを使って支払うとビックポイント10%!
1.5%+10%=11.5%

新生活などで家電を買う場合にはビックカメラでビックカメラSuicaカードでチャージしたSuicaを使って支払いをすれば1割以上のお得が得られちゃいますよ!

ぜひ使ってみてください。

楽天カード×エポスカード

エポスカードも2枚目としては優秀です。エポスカードは、年会費無料なのに、海外旅行保険が自動付帯となっているすごいカードです。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は、クレジットカード会社が会員に向けてサービスとして提供しているものです。海外旅行に行く際になにかあれば使えるので、安心材料として持っておきたいです。

ただ、楽天カードでは旅行のための交通費の支払いに楽天カードを使わないと海外旅行保険が付帯しないので、ちょっと弱いです。

エポスカードなら持っているだけ(会員であるだけ)で海外旅行保険が付帯するようになるので、無条件で保険が付帯するわけなんです。

もちろん、楽天カードで交通費を支払っておけば楽天カードとエポスカードの2つの海外旅行保険を付帯させて行くことができちゃうので、めちゃくちゃメリットがありますよ。海外旅行に行く方はエポスカードも検討してみるといいですね。

エポスカードは年会費無料で、メリットがたくさんあるカードのため若い方を中心に人気を集めています。 そんなエポスカードを私も愛用しているので...
海外旅行に行く前に、お持ちのクレジットカードを確認してください! お手持ちのクレジットカードは海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカー...

まとめ

クレジットカードは楽天カードのように万能なカード1枚では全てのメリットを網羅することが難しいです。ただ、クレジットカードを何枚も持つのに抵抗がある人も多いと思うので、今日紹介したカードの中で自分が欲しいと思ったカードを2枚目として持ち、楽天カードのデメリットを補ってください。ETCカードに500円も払うぐらいなら年会費無料のクレジットカードを作り無料でETCカードを持った方がいいですよ。