ドコモユーザー以外もOK!d払いはdポイントが貯まる使える安心の決済サービスだ!

ドコモのスマホ決済サービス「d払い」について使ってみましたので、解説してみます。

d払いとは?

d払いはPayPayや楽天ペイなどと同じQRやバーコードなどを使ったスマホ決済サービスの一つです。バーコードかQRコードを読み取ってもらうだけの簡単な決済方法です。

利用可能場所

d払いはネットだけではなく街のお店にも対応しています。

ネットと街のお店では支払い方法やポイント付与率が若干異なるのでそれぞれで使える場所について紹介します。

ネットで使えるお店

ネットで使える場所は以下のようになっています。

  • Amazon
  • メルカリ
  • 無印良品ネットストア
  • ジェットスター
  • ノジマオンライン
  • ラクマ
  • マツモトキヨシオンラインストア
    など

Amazonの支払いに利用できるのはすごいです。他のスマホ決済にはないメリットとなるでしょう。

さらにLCCのジェットスターやバニラエアなどの航空券の購入にも使えます。LCCは格安で利用できる航空会社ですので、普通に利用しても安いですが、d払いを使えば、ポイントが貯まるのでさらにお得になることがわかりますね。このLCCの航空券の支払いに利用ができるのは個人的にかなり大きなメリットかと思います。

街で使えるお店

街で使えるお店は以下のようになっています。

  • ファミマ
  • ローソン
  • ポプラ
  • トモズ
  • ウェルシア
  • 和民
    など

街で使えるお店は、コンビニ、ドラッグストア、居酒屋、アパレルショップなどの一部店舗となっています。

基本的にスマホ決済は少額の決済時に利用する方が多いイメージがあるので、コンビニやドラッグストアなどで使えるのは嬉しいですね。

ちなみに街で使えるお店はPayPayや楽天ペイと同じような場所が多いです。

d払いの始め方

d払いはアプリをインストールして、簡単なセットアップをすればすぐに開始できます。
1分でできる簡単作業です。

始め方の手順

  1. d払いアプリをインストール
  2. ご利用設定
  3. クレジットカードの登録
  4. 完了

詳しい手順について説明します。

アプリのインストール

まずはd払いアプリをインストールします。アプリ内でバーコードとQRを表示して、どちらかを読み取ってもらい決済する形となるためアプリをインストールしないと始まりません

>アプリのインストールはこちら

インストールをしたら、セットアップを開始します。セットアップは、ご利用設定とクレジットカード選択のフローがあります。

ご利用設定

まず利用する用途を説明します。

  • 職業
  • 利用目的

自分に当てはまるを選択してください。間違えても特に問題ないので気軽に選択しましょう。

設定して次へを押すと、ドコモユーザーでない場合、以下のような表示が出ます。

電話料金合算払いをご利用になれません。恐れ入りますが、クレジットカードを登録してください。

表示が出た方は、クレジットカード登録に進みます。

クレジットカードの登録

何度もいいますが、ドコモケータイを持ってない方は、クレジットカード登録をしないとスマホ決済の利用ができません

登録できるクレジットカードはVISA、Mastercard、JCBが登録できます。ドコモのdカードでなくても大丈夫ですので安心してください。※2019年3月よりJCBカードも利用可能になりました。

またd払いはセキュリティがしっかりしているため、クレジットカードは3Dセキュアと呼ばれる本人認証サービスのパスワードが設定されたカードでないと利用できません

PayPayで起きたような不正利用はまずないと言えますので安心して利用できるのはいいことですね。

dカードを持っている場合には最初にdカードが登録&選択されていますが3Dセキュアのパスワードが登録されていない場合には選択することができないので、別のクレジットカードの登録をおすすめします。

登録するクレジットカードはポイント還元率の高いカードがおすすめです。決済ごとに貯まるポイント分がお得になりますよ。

私のおすすめは、楽天カードです。

クレジットカードの利用ポイントの付与率は以下のように、各カードによって若干異なります。エポスカードが0.5%に対し、楽天カードは1.0%になり、0.5%もの差があります。

楽天カード:1.0%
エポスカード:0.5%

また、QRコード支払いは各社加盟店がまだまだ多くないので、類似サービスも利用することがあると思います。

楽天カードは年会費無料でいつでもどこでも1%のポイント還元が受けられますし(100円につき1ポイント)、楽天カードは類似サービスの楽天ペイと相性が良く、貯まった楽天ポイントを楽天ペイを通して使うことも可能ですので、お得を逃すことがありません!

d払いと楽天ペイの併用が吉ですよ!

私の経験上お得なものは小さな積み重ねで大きなお得になるので、まとめられるものはまとめていき大きなお得を得られるようにするといいと思います!

以下のようなループを作りましょう。

お得ループ
・楽天カードを通してd払いを決済
・決済時にd払い利用ポイントをゲット
・同時に楽天カードの利用ポイントが1%貯まる
・貯まった楽天ポイントは楽天ペイで使える
・楽天ペイを使うと0.5%の利用ポイントが貯まる
・楽天ポイントが増える

さらに、楽天カードは入会特典が素晴らしく、入会と利用で最大5,000ポイントがもらえますよ!

 クレジットカードの登録まで完了したら決済用のTOPページへ遷移します。利用方法のガイドがあったら利用登録完了です。ここまできたらもう利用できます。簡単な2ステップでしたね。

次に、利用方法についても説明していきます。

d払い利用方法

d払いは、ネットでの使い方とと街のお店での使い方が少し異なります。それぞれの使い方について紹介します。

ネットでの使い方

ネットでの使い方は、ネットショッピングの決済ページでd払いを選択する流れとなります。基本的には流れに沿っていけば支払えます。

Amazonでは以下ページからdポイントの利用設定をすることで利用ができます。

>利用設定

利用設定ではページ内で利用しないとなっているボタンからdポイントをすべて利用するへ変更するだけです。

利用設定をしたらAmazonの決済画面で以下のように決済します。

STEP1

お支払い方法選択画面で、新しいお支払い方法追加を選択します。

STEP2

携帯決済をタップして、docomoを選択、アカウントタイプを自分に合ったものを選択します。

STEP3

お支払い方法を選択する画面に戻り、追加したお支払い方法を選択します。

STEP4

注文の確定をタップします。

STEP5

ドコモの決済画面に4桁のパスワードを入力して承諾するを選択します。

STEP6

承諾番号が表示されたら次へをタップします。

STEP7

注文が完了します。

利用登録をするのは少し手間ですが、1度すればOKなので、やってみてください。
*Amazonを例にしましたので別のサービスとは異なります。

街のお店での使い方

街のお店では、冒頭で紹介したように、バーコードかQRコードを提示して読み取ってもらうだけで決済ができます。PayPayや楽天ペイと全く同じです。

お店の人に「d払いで」と伝え、バーコードとQRコードが表示されているページを見せればOKです!

コンビニなどではバーコード、カフェなどではQRコードが多い印象です。

dポイントの利用

d払いではdポイントの利用ができます。dポイントをローソンなどのdポイント加盟店以外で利用ができるのは本当に大きなメリットですね。

dポイントはd払いアプリのトップページの下にあるdポイントで支払うを押すだけで簡単に利用できます。


▲dポイントで支払うを押すとこんな表示がでてきます。

ちなみに、期間や用途に制限のあるポイントも利用できますよ!

ポイントを無駄にすることがなくなるのでdポイントを貯めている方には本当におすすめできます。

ただ、利用できるポイント数は決めることができず、持っているポイント数まで全て使うことになるので、持っている300ポイント中、100ポイントだけ使うなどはできません。

類似サービスの楽天ペイでは使いたいポイント数が選べるのでより使いやすいです。

キャンペーン

d払いは、はじめての方に向けたキャンペーンを行なっています!

現在は、はじめての利用に対して最大1,000円分のdポイントがもらえるキャペーンを実施しています!

詳細は以下のようになっています。

<キャンペーン期間>
2019年4月1日(月)~2019年5月7日(火)

<キャンペーン条件>
キャンペーン期間中にエントリーし、以下の条件をそれぞれ達成すると、dポイント(期間・用途限定)が合計1,000ポイントもらえます。

・d払いアプリの利用設定で200ポイント
・d払いアプリではじめての(1,000円以上)支払いで800ポイント

<ポイント進呈時期>
2019年6月末までに進呈予定

<進呈されたポイント有効期限>
2019年8月31日(土)

※ポイントは期間・用途限定dポイントです。

詳細はコチラ 

さらに、d払いではコンビニ限定で、20%還元キャンペーンを8月13日〜31日まで実施しています!

コンビニ限定とはいえ、20%還元はすごいですね。セブンイレブンでは使えませんが、ファミマやローソン、ミニストップやポプラなどでも使えますよ!

また、同時にイオンカードでも新規入会者に向けた20%還元キャンペーンを実施していますので、d払いと組み合わせると20%+20%の40%還元が実現できてしまいます!ちなみにイオンカードは9月末までこの入会キャンペーンを実施していますので、9月末まではd払いの支払いのクレジットカードは、イオンカードがおすすめです!

ドコモ払いとの違い

ドコモ払いというd払いと似たサービスがありますが、内容が違うので違いを簡単にご紹介します。

大きな違いはドコモユーザーのみのサービスか、そうでないかです。

ドコモ払いはドコモのケータイ料金支払いと一緒に支払いを行う決済方式ですので、ドコモユーザー以外は利用ができません。

しかし、d払いの場合はdアカウントを用いたスマホ決済となるため、ドコモユーザーでなくてもdアカウントを持っていれば利用可能です。dアカウントはドコモのサービスを使っていなくても作れますので、誰でも登録することができます。

また、ドコモ払いではdポイントは貯まりますが、使えません。

まとめ

d払いはスマホ決済として他のサービスと比べてもセキュリティが高いのが印象的です。使える店舗数としてはまだまだ少ないので、今後に期待したいですね。
ただ、Amazonやジェットスターなどで利用できるところにメリットがありますので、使えるサービスに魅力を感じる方はぜひ使ってみてください!