楽天ふるさと納税の注文から手続きまで一挙にご紹介!5つの自治体へワンストップ特例制度を利用して寄附しました!

私は5つの自治体へ合計3万円分のふるさと納税をしました。実際に楽天ふるさと納税を利用した私の経験を元に、楽天ふるさと納税のやり方をご紹介します。

▲私の2018年のふるさと納税実績です。

楽天ふるさと納税の手順

楽天ふるさと納税のやり方は以下の手順で行います。

  1. 自分の利用金額を調べる
  2. 楽天市場でふるさと納税を検索し、自治体を決める
  3. 好きな自治体の返礼品を購入する
  4. 自宅に返礼品とワンストップ特例制度の申請用紙が届く
  5. ワンストップ特例制度の申請用紙を返信する

一つ一つ説明していきます。

自分の利用金額を調べる

まず自分の利用する金額を決めましょう。ふるさと納税は収入や家族構成などに応じて、お得になる金額が異なります

楽天ふるさと納税のページでは、上記のようなシミュレーターがあるので自分の利用できる最大金額を調べておきましょう。最大金額以上に寄附しても全くお得にならないので注意してください。

楽天市場でふるさと納税を検索し、自治体を決める

楽天市場で「ふるさと納税」で検索すると出てきます。好きな自治体、好きな商品を選びましょう。

私のように食品はもちろん、家具、家電、チケット類などもありますので自分がほしいものを探してみるのもいいと思います!年末の自分へのご褒美にもなりますね。

自分の出身地でなくても大丈夫です。ワンストップ特例制度を利用する場合には上限が5つの自治体までなので最大5つまで選択しましょう。

好きな自治体の返礼品を購入する

好きな自治体や好きな商品を選択したら、楽天市場での買い物をする流れで購入します。

私は高知県田野町のカツオや静岡県焼津市のカニ、秋田県湯沢市のお米など5つの自治体を選択しました!

生ずわい蟹1kgとわら焼きカツオのタタキ1節が実質負担2000円はやばいです。お米については実家に送りました。

返礼品の選択をする際に注意したいのは配送日です。ふるさと納税の場合、すぐに送られるものばかりではありませんのでいつ発送されるかをチェックしておくといいですよ。

楽天ふるさと納税は、楽天市場での買い物を同じように、好きな商品を購入(実際には寄付となる)をするだけなので、楽天市場での買い回りや、楽天カードでの大量ポイント還元なども同じように受けることができるのは、楽天ふるさと納税のメリットになります。

楽天市場で常に3%還元の楽天カード

上記のように昨年の12月にはふるさと納税と通常の商品購入をお買いものマラソンで買い回りをし、SPUの特典も加えて大量にポイントをゲットしています!

楽天スーパーセールや、お買い物マラソンなどのセール日に一気に利用するといいですよ!

楽天ふるさと納税が楽天市場の買い物と少し違う点としては、購入の際に、ふるさと納税に関する内容の確認があるところです。よく読んで回答しましょう。

私が利用した高知県田野町の場合は以下のようになっていました。

購入前に確認されること

1.ふるさと納税専用ページです。注文内容確認に表示される「注文者情報」を住民票の情報とみなします。
→理解したを選択

※注文者情報の情報が楽天ふるさと納税の納税者に当たるため、主婦が夫に変わって自分の名義で注文したりするとふるさと納税は適用されませんので注意してください。

2.寄附金の用途を選択

  • 町政全般
  • 産業振興に関する事業
  • 教育・文化の振興に関する事業
  • 医療・福祉の充実に関する事業

→用途の希望を選択

3.ワンストップ特例制度の申請用紙の送付について
→希望可否を選択

※この時ワンストップ特例制度の用紙を希望すると後日用紙が届きます。別の場所に返礼品を発送した場合でも注文者情報にある住所に届くようになっています。

注文が完了すると楽天IDに登録しているメールアドレスに申し込み完了のメールが届きます。

あとは用紙と返礼品が届くのを待つだけです。

自宅に返礼品とワンストップ特例制度の申請用紙が届く

ワンストップ特例制度は早ければ1週間以内に自宅のポストに投函されています。


▲実際に届いたワンストップ特例申請用紙

用紙が届いたら2019年用の場合は、2019年1月10日までに各自治体へワンストップ特例制度の申請用紙を返信しなければいけませんので早めに対応をしましょう。

自治体ごとにワンストップ特例制度の用紙を手配する方は注文時に選択しなくてもダウンロードすることもできます。ダウンロード用のURLは購入後に送られてくるメールにもあります。

用紙の記入方法

楽天ふるさと納税の場合、基本情報が楽天IDに紐付いた内容を元にしているため、ワンストップ特例制度の用紙には、既にほとんど記載されています。


▲湯沢市の記入例用紙

自治体によって多少の誤差はあるものの、基本的に、個人番号(マイナンバー番号)を記載して、捺印するということのみになります。

私は5つの自治体で実施をしましたので5つの自治体からワンストップ特例制度の用紙が届きました。ワンストップ特例制度のデメリットとしては、自治体ごとに用紙を返信しなければいけないことです。確定申告よりは簡単ではあるものの、用紙記入と返信は結構めんどくさいです。

必要書類の同封

返信に必要な書類は、ワンストップ特例制度申請用紙に加え、以下のものが必要になります。

個人番号(マイナンバー)カードの表裏コピー

or

個人番号(マイナンバー)カードの通知カード+身分証のコピー

個人番号(マイナンバー)カードがない場合は、個人番号(マイナンバー)カードの通知カードのコピーが必要です。さらに通知カードの場合、個人番号が記載された住民票や、運転免許証のコピーを同封する必要があります。

ワンストップ特例制度の申請用紙を返信する

ワンストップ特例制度の申請用紙と個人番号(マイナンバー)カードのコピーなどの必要書類を用意したら、返信用の封筒に入れて送付します。

返信用の封筒に切手が付いていない場合があるので、郵便局の窓口に行くか、切手を貼ってポストへ投函しましょう。切手代は少し損した気持ちになりました。自己負担は2,160円+切手代ということになります。


▲実際に送付した封筒

還付と返礼品の受け取り

還付は翌年になるので、ワンストップ特例制度の申請用紙の送付をしたらあとは返礼品を待つだけです。

品物によって、発送までに何ヶ月もかかるものがあります。特に季節品であれば1年ほど待つこともあるので忘れないようにしましょうね。

私は高知のカツオや秋田のお米はすぐに手元に届きましたが、焼津のカニなどはまだ手元に届いていません。

私のもとには、カツオがクール便で届きました。

開けるとこんな感じでカツオちゃんが!


▲実際に届いたカツオのタタキセット

高知県田野町から届くカツオのタタキセットには薬味が結構しっかりはいっていて、クオリティが高かったです!

返礼品は宅配便で送られてきます。楽天市場の注文履歴から配送状況が確認できるので、状況が気になる方は確認してみましょう。

寄附金・特例申込書受領書が届く

寄附金とワンストップ特例制度の申込用紙が自治体へ無事に届いたら、自治体から自宅に封筒もしくはハガキで「受領書」が届きます。受領書が届いたら申請が完了したという証明ができるので大切に保管しましょう。


▲実際に届いた受領書

楽天ふるさと納税をやってみた感想

私は楽天ふるさと納税とワンストップ特例制度の申請を初めて利用しました。楽天ふるさと納税は楽天スーパーセールの時期に行ったのですが、本当にポイントがたくさんたまりました!買い周りをするためにふるさと納税を5つの自治体へ行いましたので、ワンストップ特例制度の対応の手間は少し余分にかかりましたが、それだけの価値があったと思っています。

さとふるやふるなびなどのふるさと納税の大手サイトで利用してもポイントがたくさんたまったりしますが、実際たまっても使い所の難しいポイントだったりもしますが、楽天スーパーポイントも使い勝手が良いため、とても嬉しいです。獲得するポイントの使いみちなどを考えて総合的におすすめできるのは楽天ふるさと納税かなと思います!

楽天ふるさと納税に興味が出た方は、ぜひ以下ページもご覧ください。

ふるさと納税は、地域への寄付をすることで税金の還付や控除が受けられ、特産品などのお礼ももらえるといった制度で、一昨年から急激に注目され、多く...

ふるさと納税は12月31日まで申し込みが可能ですのでみなさんもぜひやってみてくださいね。

ぜひ私の経験が参考になれば幸いです。