海外Wi-Fiって実際どうなの?スペインに行くのに利用してみた

先日旅行でスペインに行ってきました。
私は英語もろくに話せません。スペイン語なんてもってのほかです。

そんな私でも「海外Wi-Fi」を借りたことで劇的に旅行が楽しくなりました!

Wi-Fiがあればどこでも生きていける。言葉が話せなくても世界中を飛び回れちゃう時代だということを痛感しました。

そんな海外で便利な海外用ポケットWi-Fiのレンタルサービスをご紹介します。

海外用ポケットWi-Fiとは

海外用ポケットWi-Fiは、その名の通り海外で使えるポケットWi-Fiです。

海外では基本的にスマホのモバイルデータ通信をOFFにして、スマホが使えない状況になりますよね。もちろん空港やホテル、飲食店などでWi-Fiがあり、Wi-Fiにつなげればスマホが使える状況になりますが、うまくWi-Fiが接続できなかったり、公共のWi-Fiではハッキングされてないか不安になったりしませんか?
私の場合、海外でWi-Fiに苦労しなかったのは、空港ぐらいですね。空港では快適なWi-Fiが利用できるイメージがありますが、街のWi-Fiはうまく利用できなかったり、圧倒的に遅かったりするイメージが強いです。
海外用ポケットWi-Fiは、日本で出国前に借りて、現地についたら利用を開始するだけで自分だけのWi-Fi環境を作ることができるサービスです。

グローバルWi-Fi

私が利用したのは、東証一部上場企業の株式会社ビジョンという会社が運営しているグローバルWi-Fiというサービスです。

  • グローバルWi-Fiはこんな特長があります。
  • 年間利用者100万人以上
  • 高品質・低価格
  • 受取拠点数業界最多クラス
  • 4G-LTE対応国業界最多クラス
  • 大容量プラン業界最多クラス
  • 24時間365日サポート
  • 複数台・複数人で利用が可能
  • 世界200以上のエリアで使える

グローバルWi-Fiを選んだ理由

私が選んだ理由は単純です。

  • 低価格だったから
  • 運営会社が大手だったから
  • ANAマイルが貯まるから

とはいえ、正直いろんな会社のサービスがあり色々調べた結果どれがいいかわからず、ほぼ価格のみで決めました。

申し込み手順

私が実際に行った申込経路をご紹介します。

私は、価格.comを経由して申し込みました。理由は単純で価格が安いから。

価格.comでは渡航先から比較できるため、非常に見やすくて良かったです。

渡航先を選ぶと、レンタル条件の検索バーと、人気プランがずらっと表示されます!
これを見るとグローバルWi-Fiにしちゃう気持ちわかりますよね。笑

一番人気のプランだと1日当たり350円。安いですよね。
1週間行っても3000円もかかりません。

日程を選択して申込をクリックすると、
渡航日程と利用プラン、受取・返却方法、安心補償パック、オプションを選択します。

ここで注目したいのは、安心補償パックの内容とオプションです。

安心補償パック

安心補償パックとは、レンタルする端末を故障させたりや紛失してしまった際の補償サービスです。

ライト、プレミア、安心補償パックMAX、安心補償パック フル、安心補償パック ミニ、加入しないとなっています。

ライト

500円/日(税抜)
安心補償パックフル+モバイルバッテリー機器紛失時に弁済金が免除されます。

プレミア

700円/日(税抜)
安心補償パックMAX+モバイルバッテリー機器以外の携行品盗難時も補償!

安心補償パックMAX

500円/日(税抜)
100%補償!携行品(パスポートやカメラ、スマートフォン、時計など)についても最大10万円補償がつきます!

安心補償パック フル

300円/日(税抜)
100%補償!

安心補償パック ミニ

200円/日(税抜)
80%補償!

安心補償パックについてはつけたほうが良いです。海外は何が起こるかわかりません。紛失してしまう可能性もあるので、つけておいた方がいいでしょう。

ただ、プレミアにすると1日700円になりますので、なくさないと損レベルです。笑
仮に私のようにヨーロッパに行くために7日間レンタルしようとするとこの補償パックだけで約5000円ですからね。
安く抑えたい!という方は安心補償パックは最低限のミニにしておきましょう。200円/日なので、7日借りても1400円です!

心配な方でも安心補償パック フルで十分かなと思います。300円/日ですし、100%補償されます。
私は安くしたい一心で安心補償パックミニを付けましたがなくしやすい方などはフルにするといいですよ。
あと、バッパー(バックパッカーズホステル)に泊まる予定があったり、治安があまりよくない都市に行くなどの場合には、補償をMAXにつけてもいいと思います。高くなりますが…

安心補償パックMAXには携行品の補償がついていてすごくいい気がしますが、携行品の補償はクレジットカードの付帯保険で賄えちゃいますよ

私は海外旅行保険も自動付帯(持っているだけで付帯)されているエポスカードを持っていますので、こちらで携行品の補償も賄えます。

エポスカード補償内容

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

オプション

グローバルWi-Fiにはオプションサービスがあります。

  • ili(イリー)
  • POCKETALK(ポケトーク)
  • モバイルバッテリー
  • 360°カメラ THETA S
  • マルチ変換電源プラグ
  • 2ポートUSBカーチャージャー
  • ボーズノイズキャンセリングイヤホン
  • iPad

私が本気で悩んだのは、360°カメラ THETA Sです。旅の思い出になるような写真が取りたい!と思ったのですが、1日500円もしたので1週間借りるのはきついかなということで断念。買ったほうが安い気もします。笑

ちなみにTHETA Sを使うとこんな写真が取れます。

実際に支払った金額

実際に支払った金額は3,570円でした。1日当たり510円でした。
渡航先はスペインで、渡航日程は、7日間でした。
プランはスペイン4G LTE大容量で、オプションは安心補償パックミニを1台分。

こんな感じです~。ほんとに安いですよ~!

受取手順

いよいよ出国当日、成田空港で受取をしました。

受取場所はこちら!

申し込み時に選択していた場所へ受け取りに行きました。エティハド航空に乗る予定だったため一番近い場所へ。

成田空港はいくつもカウンターがありますので非常に便利ですよ!チェックインカウンターの最寄で借りると楽です。

私は平日の夕方で、人が少ない時間帯だったため、並ばずにすぐに受け取りができました。2分ぐらいだったと思います。笑

端末はこんな感じです!※想像よりちょっと大きい。笑

ちなみに返却場所はこんな感じです。返却の際には中身を確認して問題なければ1分もかかりません。

他にも空港専用ロッカー受取という非常に便利なサービスもあります。
※混雑している日程の場合はこれを利用すべきだと思います。

詳細はこちらをご覧ください。
https://townwifi.com/smartpickup/?anch=narita

他にも国内のカウンターや宅配も可能です。

詳細はこちら
https://townwifi.com/receive/

キャリアの海外定額サービスとの比較

携帯キャリアからも海外でスマホを利用できるようなプランを出していますよね。そんなキャリアのパケット料金とグローバルWi-Fiのレンタル費用を比較してみました。

大手3キャリアの海外定額データローミングサービスの料金はこちらです。

NTTドコモ

海外パケ・ホーダイ
~約24.4MB:最大1,980円/日
約24.4MB~:最大2,980円/日

ソフトバンク

海外パケットし放題
~約25MB:最大1,980円/日
約25MB~:最大2,980円/日

au

海外ダブル定額
~約24.4MB:最大1,980円/日
約24.4MB~:最大2,980円/日

どのキャリアでも最低が1,980円/日となっています。
これに対してグローバルWi-Fiの料金はこちらです。

グローバルWi-Fi

【4G】通常プラン
300MB:350円/日

【4G】大容量プラン
600MB:390円/日

【4G】超大容量プラン
1.1GB:820円/日
※価格.comから申し込みの金額になります。(国:スペイン)

圧倒的に安いですよね。

海外Wi-Fiのデメリット

海外Wi-Fiは私は絶対必要と感じていますが、もちろんデメリットもあります。

1日当たりの料金のため長期滞在には向かない

1日○○円という金額設定のところが多いので、長期滞在には向きません
また、なくしてしまう可能性があると考えて補償をつけたとき、意外と1日当たりの金額がが高くなります。
1週間以上の渡航予定の方には価格面においてはあまりおすすめできないといえるでしょう。

端末を持ち運ばなければならない

当たり前ですがポケットWi-Fiなので端末を持ち歩かなければなりません。意外と大きくて重かったです。
また充電が切れると使えないので長い間持ち運ぶ際には充電器も必要ですね。ただ、私はずっとつけているわけではなく、使う時だけ電源をつけてあとの時間は消していました。うまく使うと充電の心配もないですよ。

デメリットと呼べる箇所はこれぐらいでしょうか。

Wi-Fiを借りてよかったこと

逆に、海外Wi-Fiを借りてよかったがたくさんありますのでご紹介します。

グーグルマップがいつでも使える!

いつでもマップが見える環境にあったので、道に迷ったり、タクシーに乗ったりしなくて済みました。
電車の乗り換え案内も見れるので公共交通機関だけでスムーズに観光ができました!

ノープランでも大丈夫

観光の順番やレストランなどは全く決めずに行きました。
Wi-Fiが使えることで、どこでも検索できるので、ノープランで全然平気でした。

めちゃくちゃおいしいレストランに入ることも出来ましたよ~

SNSの更新ができる

リアルタイムで旅の感動を共有することができました!

SNSへの投稿程度では速度制限がかかることはまずないです。

グローバルWi-Fiの大容量プラン(500MB/日)の通信料の目安

LINEのテキストメッセージ → 約25万回(電話は約1,200分)
Instagramの写真投稿 → 約20回
グーグルマップ閲覧 → 約135回


※参考

500MBでも余裕ですよね。

まとめ

海外用ポケットWi-Fiは非常に便利です。出国前にカウンターで借りて、帰国時に返却するだけなので英語が話せなくても全く問題ありません。海外にいるのに日本にいるときと同じようにスマホが利用できるというのは幸せなことです。また友人とシェアすることも出来るので、複数人で旅行に行く際には間違いなく借りたほうがいいですよ!私も2人で行ってシェアしました。さらに、ネット上ではネガティブなことがいろいろといわれていますが、私が使った分は、すごく快適で何も不自由がなかったですよ!

みなさんも海外に行く際には、ぜひ海外Wi-Fiのレンタルサービスを利用してみてください。