クレジットカードを使い込んでしまう人の特徴と対応策について

こんにちは。ガラパゴスです。

ついついクレジットカードを使い込んでしまう・・・。

そんなことってないですか?

月末にハッとするような請求額毎月の給料よりも多い請求額。そんな経験をしたことがある人は少なくはないと思います。これは、クレジットカードを完全に管理ができていないという事実ですね。

私も実際に経験があります。そんなクレジットカードを使い込んでしまう人へ向けた傾向と対策を挙げていきたいと思います。

クレジットカードを使い込んでしまう人の特徴について

まずは、クレジットカードを使い込んでしまう人の思考の特徴をいくつかご紹介します。

・口座にまだ現金があるからと安心してしまう人

クレジットカードをいくら分使っているかを見ずに、口座に現金があるから大丈夫。と思い安心してしまう人は使いすぎてしまう傾向にあります。

・普段の使い方に加え、「今月は〇〇入るから〇〇買っちゃおう」という買い物をしてしまう人

いつも通り使っているうえに、ボーナスや新規の収入源に期待して先にクレジットカードで支払いを行ってしまう人も危ないです。

・クレジットカードを何枚にも分けて用途に応じて使っている人

クレジットカードは使う場所、使い方によってお得が得られるものです。ただし、クレジットカードを分散させすぎてしまうと、どこでどれを使ったか忘れてしまうことがあります。

・分割払いやリボ払いを多用している人

分割払いやリボ払いを多用していると、毎月どんどんどんどん支払額が膨らんでいってしまうことが多いです。

・「来月は節約しよう」「来月は使わないようにしよう」などと自分に言い聞かせてしまう人

使いすぎていることはわかっていて、「次こそは」「来月は」などと自分に言い聞かせてしまう人は、次の月も同じようなことを言っている可能性が高いです。

どのタイプもいますよね。ちなみに私の場合は、クレジットカードを何枚にも分けて用途に応じて使っていて、ついつい忘れて使い込んでしまうタイプでした。

使いすぎてしまう人におすすめの使い方

そんな使い込みタイプの私が、しっかり管理できるようになった方法をご紹介します。

・クレジットカードは1,2枚にまとめる

クレジットカードのそれぞれの特徴を生かして使い分けるということが、悪いわけではありませんが、管理ができなのであれば1,2枚にしておきましょう
私の場合は、「ネットショッピング&固定費」「交通費」「緊急用」という3枚遣いをしています。

・ウェブ明細を利用して、ノートやExcelにまとめる

それぞれのクレジットカードでウェブ明細を利用することができます。カード会社が用意しているサイトへ会員登録をするだけで、いつでもどこでも簡単に明細を閲覧することができます。その各社の明細を見て、支払額や利用額をノートやExcelにまとめておくといいですよ。
私の場合は、Excelにまとめていくら使ったか、いくら支払いが来るか、を計算しています。

・固定費だけに使い、リアルでは使わないようにする

毎月かかる家賃、光熱費、ネット回線費用、携帯代、定期代などの固定費の支払いをクレジットカード支払いにして、ショッピングなどでは使わないようにすることも一つの手だと思います。
固定費については、必ず支払わなければいけないものなので、普通に支払うよりもクレジットカードを使ったほうが、お得です。

まとめ

クレジットカードはとても便利なカードではありますが、「前借りしている」ということを忘れないことが大事です。管理ができず債務が膨れ上がってしまうなんてことになってしまうと、最悪の場合、クレジットカードを持つことができない人になってしまう可能性があります。クレジットカードはいざという時のために1枚は持っておいたほうがいいですよ。

年会費は永年無料なのにポイント高還元のクレジットカードです。
使わないけど、いざという時のためにというだけでも無料で持っておけるカードなのでおすすめです。

今日はお読みいただきありがとうございます。

ガラパゴス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする