個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の正体は?必ず得するって本当?

こんにちは。ガラパゴスです。

今日はちょっと難しい内容になりますが、よろしければ見ていってください。

さて、皆さん。iDeCo(イデコ)って何か知ってますか?

iDeCoは、2016年9月16日に決定した「個人型確定拠出年金」の愛称です。

個人型確定拠出年金??
※「こじんがたかくていきょしゅつねんきん」と読みます。

正式名称を言われてもパッと来ない方も多いのではないでしょうか。

今日はiDeCoについて紹介していきます!

働いている方は、所得税、住民税は15%以上を天引きされていますよね。
そんな税金を節約する方法はたくさんあります。

iDeCoもそのうちの一つで、
本来支払わなければならない税金を払わず済むだけでなく、
未来への貯蓄としての役割も担っています。

(利益が出るように運用しない場合でも、節税分がお得ですよー!)

今は高齢化がどんどん進んでいっているのに対し、
年金を払えない若者も多くなっている状況です。

私たちが高齢者になった時に、
本当に年金をもらえるのか不安ですよね。

たとえもらえたとしても、20代の私が年金を受けるころには、
高齢者の割合が40%となるともいわれているため、
年金だけでやっていける補償なんてありません。。

悔しいですが、今は自分で老後の準備をする時代になっているんです。
(そういう時代になっていっていると思います。)

iDeCoは将来のための準備としても使えるサービスですので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

マネックス証券 iDeCo

老後資金をためる方法は下記のようなものがあります。
・積立定期預金
・積立投資信託
・年金共済
確定拠出年金=自分で積み立てる私的な年金
一定額をずっと積み立てて、老後に受け取るお金を増やすことができる仕組みです、

国民年金や厚生年金などの公的年金は、
年金積立管理運用独立行政法人の独自判断で運用するのに対し、
確定拠出年金は自分で銀行や証券会社に申し込んで加入するものとなります。

iDeCo(イデコ)の特徴について

iDeCoの特徴は大きく分けて2つあります。

節税!
税金がかからないところがiDeCoの最大のメリットです!
投資しなくても元本確保型でも運用ができます。(節税メリットは受けられる)

自分で選べるから運用利益を狙える!
目標利回りやリスクに合わせて自分で投資運用ができるため、運用利益を狙えます。

正直投資については知識がなくわからない私のような方は
税金対策としてやるだけでも十分メリットがあるので、
元本確保型でやってみるといいでしょう。

面倒な部分を上げるとすると、最初の手続きですね。
面倒な手続きが完了したら、そのまま何もしなくてもOKです!

iDeCo(イデコ)の手続きの流れ

iDeCoの手続きの流れをご紹介します。

1.金融機関選び

iDeCoの場合、自分で金融機関選びをします。

金融機関選びのポイントは、「手数料」です。

手数料にはパターンがあります。
  • 加入時の手数料
  • 口座管理手数料
  • 信託報酬

加入時の手数料

初期費用です。初月の掛け金から自動的に差し引かれます。

口座管理手数料(※最も重要

毎月発生する手数料です。
金融機関などの事務手数料として当てられます。
一見小さな額にも見えますが、毎月かかるものを何十年も払い続けると大きな金額になってしまいます。
※塵も積もれば山となるということですね。

信託報酬

投資信託を保有しているとかかり続けるものです。
何十年も保有し続けるものなので、
信託報酬は口座管理手数料同様、低ければ低いほどお得です。

☆選び方のポイント☆
加入時の手数料よりも毎月かかる手数料の金額を見て選びましょう!
加入時の手数料が無料であったとしても、毎月支払う管理手数料が100円も高かったとしたら、
(100円×12か月×何十年)かなり損をしてしまう計算となります。。

おすすめの金融機関
SBI証券
<加入時手数料>
1,080円

<口座管理手数料>
50万以上:0円
50万円以下:324円

積立額が50万円以上なら口座管理手数料が無料になります!!
数年で積み立て額は50万を超えるので、残りの数十年は手数料が無料になりお得です!!

しかも、SBI証券はキャンペーンを実施していたりするので、

キャンペーンを使えばさらにお得になることもありますよ!!

2.積立額を決める

金融機関を選んだら、次に積立額を決めます。

毎月のことなので、無理なくできる金額を決めましょう。
※5000円~20000円ぐらいではないかと思います。

金額は1年に1回だけ変更ができるので、
途中で積立額を減額したり増額したりすることもできるので安心してください!
※ただし、途中で引き出すことはできないので注意を!!

3.投資方法を決める

次に、投資方法を決めましょう。

私のような投資の知識がなくあまりやる気もない方は、
元本確保型の商品で実施するのが良いでしょう。

元本確保型商品は、ノーリスク商品ともいわれていて、
満期まで持っていれば元本を下回ることはありません
※絶対に下ろさない定期預金というイメージです。
投資をガンガンやっていきたいという方は、ぜひ実施してみてください。
節税ができる分、無理なく投資することでほぼ損をすることはないでしょう。
※投資額などによっては一概に言えませんが、、。

4.金融商品を選ぶ

最後に金融商品を選びましょう。

ガンガン投資をやっていきたいという方は、金融商品を選んで投資を始めましょう。
元本保証型の商品でやる方は、一度選んであとは放置です!

iDeCo(イデコ)のデメリットは動かしにくさ

iDeCoの紹介にて節税などのメリットをお話ししましたが、デメリットについてもご紹介します。
iDeCoの最大のデメリットは動かしにくさにあります。

動かしにくいというのも、積み立てたお金は60歳になるまでに引き出せないという状況となっています。
定期預金などは定期的に引き出すことが可能になりますが、
iDeCoの場合、家計がピンチになっても基本的に引き出すことができません。
(※死亡・高度障害になってしまったり、震災によって多大な被害を受けた時は例外です。)

いくらずつ積み立てる?

iDeCoでどれぐらいのお金が貯められるのか、イメージを付けてみましょう。
30歳で始めると仮定すると、30年間積み立てが可能です。※まだ全然間に合いそうですね!

年利を3パターンで考えていきます。
例①:年利1%
例②:年利3%
例③:年利5%

毎月5,000円積み立てをする場合

積み立て金額
180万円(5,000円×360ヶ月)

節税額
例①の場合:329,628円
例②の場合:492,737円
例③の場合:742,259円

合計利息
例①の場合:298,141円
例②の場合:1,11,3684円
例③の場合:2,913,293円

最終受取額
例①の場合:2,098,141円
例②の場合:2,913,684円
例③の場合:4,161,293円

積み立て額は高ければ高いほどお得ですが、
毎月5,000円ぐらいなら無理なくできそうですね。

iDeCo(イデコ)の受け取り方

iDeCoの受け取り方は大きく分けて2種類あります。

  1. 一時金として一括で受け取る
  2. 年金形式で受け取る

これは自分で選ぶことができます。

1.一時金として一括で受け取る

一括で受ける場合は「退職所得」として受け取ることになります。
退職金のようなイメージを持ってもらえばわかりやすいかと思います。

2.年金形式で受け取る

年金形式の場合、「雑所得」として受け取ることなります。
年金のようなイメージを持ってもらえればわかりやすいかと思います。

iDeCo(イデコ)のまとめ

若干走ってしまいまいましたが、なんとなくわかっていただけましたでしょうか?

将来のために、老後のために、自分で積み立てを行うことができ、
なおかつ節税ができ、あわよくば増えていくという
メリットがたくさんのiDeCoをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。